エバンスおめでとう・・と日曜日のアサレン

万年2位だし、今年は2位にもなれなかったCadelが、

今年最後のビッグレースで勝った

録画を見ていて、思わずもらい泣きしてしまいました。
d0133127_23135820.jpg



さて、日曜日は久しぶりのロードの練習。

大正池を上った後は、和束から宇治川ラインへの道へ行きました。

私のコーチは、今日の課題は

1.20分の90%FTP
2.1時間のテンポ走、ただし3分に1回150%FTP

とのことでした。

90%でいくはずが、金曜、土曜と乗っていなかったので、大変気持ちよく、最大エフォートをしかけてしまいました。

しかも、今日は辻選手が来ています。

ということで、20分間踏みまくりました。

心拍は、最初1キロをこえたところで、もう175です。ゴミ屋敷も9分で通過。そのころから心拍は170後半。

運動場を超えると心拍は180.このころからパワーが落ち始め、これまでのFTPを維持するのがやっと・・・

しかし、うしろに辻くんがぴったりついている・・・・これで踏みやめることはできません。

乗馬クラブを超えても心拍は180.もう7分ぐらい180超えている。こんなのは初めてであった。

そして、最後の急坂でなんとか、FTPを超えて踏みまくる・・・

辻君のおかげで、久しぶりのタイム更新。ついでに20分のMAXパワーも3ワットだけ更新。

辻君
「おかげではあはあしました・・・・」


「こっちは心臓がとびでるぐらいでしたよ、ちょっとぐらいはあはあしてもらわないと・・・」

さすが、プロは違う。

その後は、和束から宇治川方面へと上っていく。

ここでは3分ごとに15秒のアタックを仕掛けてみる。

これもコーチの指令どおりです。

すると、ゲスト参加のキャノンデールの方々が反応し、全体がレースのように活性化というか、バラバラに・・・

当然アタックは15秒だけど、それに反応する皆様が、さらにがんばるので、アタックは15秒ではすまず、そのあとも、踏みまくる結果になってしまった。

前もって「3分おきにがんばるって伝えるべきなのかな?」こういう時は。

そして、最後は宇治川ライン。ここでは、最初、ダンプくぼさんなど、チームメタボがひいておりましたが、途中から、前をひかせていただきました。

でも、その後は、だれも前を代わってくれなかったので、20分ほどFTPあたりで引かせていただきました。

最後、自転車道では、ダートでがんばって、そして精華町の上りでも、一生懸命ふんで・・・・

ものすごく充実した4時間のライド、約90キロでした。

みなさまありがとうございました。
世界選手権も途中でダウンして、録画で月曜日見ることになりました

さらに、おかげで、今日月曜日は、ヘロヘロと自転車にのってました。

明日は、シクロのコースらしいところを走らされるらしい・・・・
[PR]
by giro1965 | 2009-09-28 22:42 | プロレース