シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Excite エキサイト : 経済ニュース

いやなニュースだ。これは現政権では消費税増税ができないという判断でこうなったに違いない。
これ以上医師が委縮したら、日本の医療は悲惨になるよ。
[PR]
# by giro1965 | 2007-11-06 10:03 | 医療

Venezia

そんなことしてるうちにフランクフルトについて、さらにそこで飛行機5時間待ち。仕方ないので学会のプレゼン作り。そしてベニスまで飛行機。ここは1時間だけど、よく寝ました。

ベニスのマルコポーロ空港からリドまで行こうとバポレット(水上バス)はさらに1時間待ち。水上タクシーだと150ユーロ(2万円!)といわれたので、御遠慮した。

そこでベネチアの中心部までバスにのり、そこから1番の鈍行水上バスに乗って、さらにリドの船着場からタクシー。でもこれだと全部で20ユーロで来れました。しかしユーロ高すぎ。160円超えてるんだよ。5年前は80円ぐらいだったのに!オンライン接続も1時間5ユーロ(800円) 信じられない。
d0133127_9121189.jpg

水上バスにのってリアルト橋を越えてサンマルコ広場に入ると12時の鐘が聞こえてきました。夜のベネチアはかなり幻想的です。
d0133127_9131121.jpg


ホテルでは眠くなくってこまっています。
[PR]
# by giro1965 | 2007-11-06 09:16 | 近況
999年の春、恩師の紹介でボルティモアのジョンズホプキンズ大学神経生理学教室に1か月程滞在した。神経生理学については殆ど体制しなかったけど、ボルティモアは十分堪能した。特に医学部のキャンパスの周囲はスラム街で、もちろん私が滞在した学生寮もこの中にあった。神経学の教授から「夜は絶対出歩くな!」と釘をさされて、ビビりまくった私はどこに行くにもタクシーを利用した。
そんな思い出のボルティモアの映画Hairsprayを飛行機の中で見た。以前ブロードウェイで見て感動したけど、この映画は、映画としての完成度が高い。60年代のIntegration とSegregationの政治的な問題をもともとB級映画にしたものが、ミュージカルとなって、さらに
この映画として戻ってきた。こんな出戻り映画はいくつもある。私が好きなlittle shop of horrorsもそんな映画だ。それだけに洗練されている。

こういう映画はアメリカの人種の坩堝の中でしか生れないだろう。ボルティモアは南部と北部の丁度真中にある人種の坩堝の中のmelting pointだろう。

この映画はとんでもない映画だ。ジョン・トラボルタとクリストファー・ウォーケンが主役というトンデモなさだ。

トラボルタのダンスは、あの糞名画サタデーナイト・フィーバーよりも面白い。ダンスもバリエーションに富んでいるし、このミュージカル映画はダンス映画としてSinging in the rainやHammersteinのミュージカルに決して劣らない。

私が昔から好きな俳優ウォーケンの名演も素晴らしい。

この映画の名曲 Good morning Baltimore はミュージカルでは何度も繰り返されたけど、この映画では1回きり?もっと聞きたかった。
[PR]
# by giro1965 | 2007-11-05 16:11

行ってきます。

学会にむけて出発直前。
まだスライド作っていないことを白状します。
空港のラウンジで食べた蕎麦。
なんとANA文字入りの”なると”
d0133127_11541846.jpg

[PR]
# by giro1965 | 2007-11-05 11:54 | 近況

朝錬

朝連
いつもの朝連
とはいっても1か月振り、いやそれ以上かも。
で、大正池のタイムは20分48秒。
あと48秒をなんとか縮めたい。

d0133127_1145428.jpg
途中柿の木がきれいだったよ。

より美しい朝錬写真は自転車趣味+αへ。

d0133127_11444832.jpg

後半の上りで2000GTを発見。
[PR]
# by giro1965 | 2007-11-04 11:43 | ロード