シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年のクリスマスシクロクロスは、奈良、しかも我が家からわずか車で5分、自転車でも10分ぐらいのくろんど池で開催されることになった。これは、もう、頑張るしかない。

金曜日は家族サービスで大掃除。その後は巨匠プロデュースの関西クロス忘年会。いつもありがとう。

土曜日は妻が歯科受診。設営手伝いに行きたいのですが、子供の面倒をみていて、午後から出発。設営の皆様ご苦労さまでした。

最初はポンポンを引き連れて池の周りを3-4周しました。ポンポンにとって、シクロクロスのコース(シングル以外)をちゃんと走るのは初めての経験。池の西端の軽い登りも、まだ彼は登れませんでしたが、これができるようになったら、シクロクロスのレースには出れるよ、と励ましておきました。

一度ぽんぽんと、家に帰って、こんどは一人で試走。
階段のセクションの下りはやっぱり怖い。一度は崖下におちそうになった。
本当は三船スクールに参加したかったけど、もう40名ぐらいいらっしゃっているということで遠慮して、ライバルと一緒に試走。まずは丸畑さんをみつけて・・・・やっぱり速いよ。このお方。

これから私はさらに苦しむことでしょう。その後は、明日初シクロクロスレースの、シルクロードの仲間たち、塚さん、能勢君、そしてタニーナと一緒に楽しく試走して、切り上げました。

さて、日曜日、今日は朝はレース。その後はM1の練習仲間を数人家に呼んでいて、一緒に楽しく過ごすという企画。

レースはいつものとおり9時スタート。
ちなみに私は左から3人目のサンタクロース。横は太一くんと吉中さん。右はしはLowe師匠のサンタ。巨匠のニョロニョロも、サンタになっていた。
d0133127_14135332.jpg


太一があっという間に先行、そして最初は巨匠、丸畑さんと一緒。2週目後半に三船さんに抜かれ、そして丸畑さんにぬかれ、4位でしばらく走る。3週目丸畑さんピット入り。その後は5秒後ろの巨匠に慄きながら、周回を重ねる。試走のおかげで、シングルで追いつかれずにすむ。階段の下りはやっぱり怖い。何度かラインを間違えて、怖い眼に遭った。アナウンスを聞きながら、何とか3位を守る走りをした。これで、これまで関西クロス6戦は全部表彰台に乗れた。次回も頑張ろう。しかし、太一君つよいぞ。これからの目標は太一君だ。
d0133127_1426289.jpg


終わってから、三船さんにライン取りのレクチャーを受けた。来年はこの人に弟子入りして、太一くんをやっつけるんだ!特にシングルでのラインどり。コースを広く使ってベストを探す考えたかた・・・これを吸収したい。それ以外には、太一くんが強い最初の5分のラップをもっとあげる。でも今回は25秒もラップが違う・・・・何とか追いつきたい。

その後カテ1観戦+応援。
今日がブリッツェンジャージの最後のレースになる善光くんや、周回ごとに順位をあげてくるコワケン、そして二足歩行が苦手というB定食さんらの熱い走りに感動した。

さて、終了後は、我が家でM1仲間らが集っていた。まずは藤井さんご一家。もともと子連れクロス参戦者+お世話になっている方々企画。たくさん寄ってくださいました。
めったにご家族におめにかかれないB定食一家もいらっしゃいました。
太一君も参戦。チキンを裁いてくださいました。しかし、君、トレーニングしすぎです。追いつきませんこのままでは!
d0133127_14141653.jpg


そうそう、黒い帽子の忘れ物がありました。どなた様のでしょうか?
[PR]
by giro1965 | 2011-12-26 14:26 | シクロクロス

また行きたい美山荘

なんていったて、今年いただいたお食事の中でのNo1は、ここ、美山荘。また来たいので、その思いをレポートします。

d0133127_16233485.jpg


毎年、一緒に仕事をさせていただいている諸先輩方と忘年会に参加させていただいています。中には超グルメの方もおり、今年は、ここでしたい・・・というところがみんなすごいところです。今年も、いくつかの選択肢があったのですが、多数決で美山荘となり、そのあと、美山荘の開いている日を探すと、この日しかなくて、そこで決定。

12月中旬だというのにとても暖かい生駒から、木津川自転車道、途中から桂川河川敷を走って、鴨川にぬけて、宝ヶ池の住宅街の劇坂をぬけて・・・・鞍馬にくると、寒くなってきました。そこからは花背峠の登りです。斜度はありませんが、長かったです。

ゆっくり走っても登りは汗を掻きますが、途中でパンクして修理をすると、掻いた汗が体をさらに冷やしてつらかった。その後峠の上の方は雪が路肩にあり、さらに寒々としてきました。

シクロクロスな自転車で、フロントにはミシュランのマッド30なので、ちょっとした雪は大丈夫ですが、後ろはスリックなので、凍結はやっぱり怖い状態でした。幸い16時ぐらいには峠の下りとなり、このままだと多分暗くなるまでには美山荘には着きそう。

d0133127_16243499.jpg

美山荘といっても、ここは美山ではなくて京都市左京区なんですね。ちょっといけば滋賀県です。

下りで、大阪ナンバーの車にのった先輩に追い越されました。
さて花背の集落を抜け、しばらく美しく夕日に照らされる川沿いを進むと、途中犬の散歩をしていたきれいな女性の方が「おつかれさまです、美山荘すぐそこです」とお声をかけてくださいました。多分女将さんなのでしょう。多分、一人へんなのが自転車で行くということを宿の人に知らせていたのでしょうね。
あとで調べたら、これは桂川の源流のひとつなんですね。

やどにつくと、「寒かったでしょう」と部屋に通されます。そしてお茶の後トチ餅のぜんざいを頂きました。食事の前にぜんざい・・・と思うかもしれませんが、花背峠を登ってきた私にとっては、最高の前菜、暖まりました。あとで知ったのですが、これが「美味しんぼ」に出てくるんですね。

その後お風呂に入りました。このお風呂が身長170cmの私が寝そべっても、腹ばいになってもちょうどいい大きさ。桂川の支流を眺めながら気持ちよく入りました。

d0133127_16275359.jpg


そして出てからいただいたのが、生姜湯。お風呂で暖まったあとに、さらにこれで温まりました。

d0133127_16281832.jpg



さて、食事です。
さきほど、犬の散歩をされていた方がやっぱり若女将でした。
ちなみに、これまでママチャリで花背峠を越えて、美山荘までいらっしゃった方がいたそうです。
ぎんなんを甘みのある味噌を併せた料理。丹波のお酒と一緒。これがもう忘れられないぐらい。ぎんなんはひとつひとつが大きくて、くさみがまったくない。あく抜きに時間をかけているのでしょうか、すばらしいものでした。

d0133127_16283539.jpg

次はいわな、そしてえび芋の白味噌仕立て
d0133127_16293483.jpg



そして八寸
d0133127_16295661.jpg


びわ湖の鱒寿司
d0133127_16301159.jpg


自然薯の蒸し物
d0133127_16285810.jpg



さらには猪肉二種類(写真なし)、これは肉食系の私としてはありがたかったです。そしてごはん、おかわりしました。さらにはデザート。

ふう、美味しかった。

夜は川のせせらぎを聞きながら熟睡
d0133127_16315878.jpg



翌朝、ちょっと早起きして雪がふったばかりの八丁平に向かいました。
d0133127_16344480.jpg

ここは以前、蛭クライムツアーできたことがあります。もう4年も前のことなんですけどね。来年は久しぶりに行きたいなあ。 


とちゅう驚いたフクロウが飛び立つぐらいで、以外に動物はいませんでした。

そして朝食をいただきました。
d0133127_16351079.jpg


帰りは先輩の車に自転車を乗せて帰りました。

宿には心拍計を忘れてきました。あとで電話がかかってきて、黒いベルトのようなものが・・・と、何だと思われたんでしょうかね。
[PR]
by giro1965 | 2011-12-21 16:38 | グルメ
先週は、美山での楽しい忘年会があったり、楽しいばかりで仕事がやや滞っているのが心配。
土曜日は妻の体調が悪く、子供二人を連れてヤマハ音楽教室にいって、食事を食べさせて、寝かせる。それでも翌朝のレースに送り出してくれる妻には感謝の言葉しか思い浮かばない。しかも、日曜日は、ママ友たちと我が家でパーティー、レースに行かせてくれて本当にありがとう。

5時30分発。途中、同業の大○先生とご一緒する。大○先生は、鈴鹿や沖縄でもいい成績の強豪です。昨年の最終戦で昇格して、シクロクロス一緒に走るのは今日が始めて。今年の、とある、ヒルクライムではとっても強い印象があった。


レース会場につくと、氷点下なのか、池は凍っている。今日から太一君が参戦してくるので、緊張。試走の時に三船さんの後ろをついて、ライン取りが私とぜんぜん違うのを見て愕然としている。去年までは2連勝のこのコースだけれど、今年はどうなるか、ぜんぜん予想できない。

バイクピット2つあるので、遠いほうにはホイールを、近くには台車を置く事にした。砂利が増えているような感じ、それと去年よりは凸凹が多いかな?しかしシケインもなく、全体的にはいつものとおりのスピードコース。試走では、劇坂は登れるんだけど、この2年間はいずれも、担いで超えたので、今日も担いでのぼることにする・・・・しかしこれがミスだったのは後で気づいた。

d0133127_1319887.jpg


9時スタート。コースはこんな感じ。




予想通り、筧さんと三船さんが先行。その後には私、巨匠、丸畑さん、それに藤井さん、後からすぐにビンちゃんあたりが近くにいた。2周目ごろ、三船さんが降りてきて、しばらく前を走ってくださる・・・・なんて素晴らしいライン取りだろう・・・といくつかを後半まねをする。筧さんとは15秒差・・・・これまでになく近いぞ・・・でもビンちゃんと丸畑さん、巨匠などと抜きぬかれつ・・・4周目には、ビンちゃんと二人になった。ところが、このあたりから眼に異変が・・・なんだか前がくもって、焦点が合わない。


サングラスのせいかなと思って、外してみたけど、やっぱりオカシイ。だから下りがものすごく怖い・・・・言い訳のように聞こえるかもしれませんが、何度も眼を開け閉めして、焦点をあわせようと 努力してました。登りはあんまり気にならなかったけど、ハイスピードの下り、特に、後半の劇坂の前とか、劇坂を越えた後のカーブとかが怖かった。

ちなみに視力は、レース後、すぐに回復しました。レース後に左右の瞳孔の大きさを見てもらったけど、特に散大しているわけではなかった。だけど、視力は、眼底検査の時の瞳孔を開く薬を使ったときのような見え方。大○先生は、寒さで、角膜浮腫が起こったのでは?という説。いまでもこの原因は不明のままです。だれかご存知のかたは教えてください。

んで、その後は、2週間前の由良川を思い出させる、ビンちゃんとの熾烈な2位争い。太一君はずーっと私たち二人の15秒ぐらい前。登りで私が前にでて、下りでおいつかれ、さらには、担ぎのところで追い抜かれ・・・・の繰り返しでした。

来年からは、乗っていこうと思いましたよ。最後は登りでの二人のスプリント・・・ところが、私のペダルがはずれ、から回しをしてしまい・・・負けました。終わったあとは言葉が出ないほどでした。それにグローブをしていても、手先が寒かった。これから残りの試合、もっと暖かいグローブをした方がいいかも。

d0133127_13184269.jpg


これがクランクブラザーズのペダルでは時々あるなあ。クリートのつけ方、回し方の問題もあるのかもしれない。

今回の課題
1.視力低下の原因はなんだったのか?
2.ライン取りの下手さ
3.ペダルが外れた問題。

レースが終了してから、ライン取りやら、眼の問題などで三船さんから貴重なアドバイスを頂いた、これからは太一君と、少なくとも展開があるレースができるようにがんばっていこう。
[PR]
by giro1965 | 2011-12-19 13:20 | シクロクロス
先週の由良川で優勝したのをいいことに、この調子で・・・・と思っていたんだけど、翌日の月曜日から疲労感が凄まじかった。

毎日通勤中、ちょっとギアをかけることを試してみたけど、5分も20分もいずれもダメで、多分オーバーワーク。体調を取り戻そうと金曜、土曜と自転車に触らずにいた。土曜日は子供のピアノ教室のあと、家族でマキノ高原にむけて出発。皆既月食は、良く見えたけど、瞬間だけ見て、熟睡。


翌朝は6時起床。3周ほど試走してジュニアのレースを待つ。
やっぱり時君が優勝。

さて、マスター。スタートグリッドでは56君が、太一のバイクを抱えて待っていました。その間も太一君はウオームアップ。私はスタートダッシュを数本して体を冷やさないように。
レースはスタートから5人ぐらいが専攻する展開。ここについていければ・・・と思っていたら、三船さん、中川さんそして太一君がかなり速い。ここについていけなかったので、次のパックに入って我慢。そしたら途中で太一くんが落ちてきた・・・・何かトラブル?

私はというと、なぜか踏めない。20分ごろから小泉さん、丸畑さん、そして巨匠に次々と追い抜かれてしまった。あとで心拍やパワーを見直してみても、情けないレース展開。
d0133127_11134029.jpg


太一くんはタイヤをはずしていたらしい。そういえば、私も2年前ココでやったな、それと去年の由良川で。とても悔しそう。

野辺山に続いて、しかし、それ以上に今期で一番大事なレースなのに、一番ダメなレースをしてしまった。
そのあと、筧兄弟と一緒。「何が関西マスターチャンピオンじゃ、下手すぎるじゃ」と太一と56の兄弟に説教される。練習方法の指導も受けた。
あー、くやしい。というか、1年間この日に向けてきたんじゃないのか。何をやってしまったのか・・・・
さっそく、これからテクニックの向上のための特訓を受けたいと思った。

50台は、吉中さん優勝。おめでとうございます。オックンも2番。我が練習仲間が強いのは幸せである。

しかし、レースは竹之内君と辻浦君のデッドヒートが見事。ゴールと同時に花火も上がって最高の盛り上がりでした。

その後の竹ノ内君の優勝のスピーチが「チャンピオンの背中がどっからでもかかって来いといっているような気がして・・・」素晴らしい。チャンピオンも、十連勝を阻まれたが、「これまでも1試合1試合が厳しい戦いで、すべてがその連続だった」

そのとおりだと思う。今年度の関西シクロクロス、あと6戦も残っている。1試合1試合がすべて大事で、その連続なんだよ。

ところで、今日は9時から、私の大学の同級が原作を書いたテレビドラマ「看取りの医者」が放映されます。原作もすばらしかった。テレビでもぜひ見てください。
[PR]
by giro1965 | 2011-12-12 11:16 | シクロクロス
今日はシクロクロスのレースだけでなくて、その後は琵琶湖ホールにオペラに行くという無謀な計画の1日。
前日土曜日は家族で梅田のWeihnachtsmarktに遊びに行く。グリューワインとか、ソーセージとか、大道芸人やらを楽しんだ。練習はなし。

小澤さんがとった2重の虹。真ん中のライダーは、シクロワイヤードでいつも写真を撮ってくれる辻啓さん
d0133127_10521865.jpg



日曜日は4時半に起床。家族とともに6時前に出発。福知山は遠い。2時間はたっぷりかかる。来る途中も雨が降ったりやんだり。虹も出たり消えたり。着いたら、昨日の雨と合わせて、コースは泥だらけ。平坦+泥+ドリフ坂のコース。去年はドリフ坂でタイヤを外し、なんとか完走できただけ。泥がなければ、パワー系のコースなんだけど、泥の坂と泥コーナーは苦手。私は、ホイールのクイックレリースがおかしく、修理した都合で試走は2周で終了し、いったんバイクを洗っておいた。




三船さんにどれだけ追い付けるかが、今日の課題だ。
最初はストレート。後方スタートの三船さんは一回坂をおりて、駆けあがったところでもう追い付いてきて・・・・その後は先行する。
写真は辻啓さんから
d0133127_15434336.jpg

d0133127_15441732.jpg

しばらくラインを追いかけて、ライン取りを盗もうとしたけど、それもすぐ駄目になってしまった。その後に続くのは、ビンちゃん、丸畑さん、そして私の3人に絞られつつあった。下りやコーナリングでミスコントロールをして、3人の後ろになってしまった。ストレートで追い付く。後半のストレートは泥が重くて、インとアウトと走って見るけど、どちらもラインも同じぐらい重いので、アウト一本と決めた。泥で重くなってきてピットでバイク交換も考えたけど、3人がほぼパックなので、諦めてそのまま走った。こういうときも、交換した方がいい場合があるに違いないけれど。

スタート 写真はシクロワイヤード辻啓さんから

1周目、三船さんが先行


2周目の後半、三船さんが何故かペースダウン。3人で抜くけど付いてこない。何かあったのか?


3周目ぐらいから丸畑さんが遅れて、ビンちゃんと二人に。コーナリングや下りで抜かれ、その後追い付く。ビンちゃんに先行されると怖いので、追いついたら、すぐに前に出て踏む。後ろについた方が楽だけど、シクロクロスでは後ろについて走っていても勝てない。

しばらくビンちゃんと抜きつぬかれつ・・・

5周のレースの4周目の後半で頑張ってすこし間をあけて、それをキープしてゴール。
今日は勝てるとは思わなかっただけに、嬉しい一勝。

レースが終わって、私が下りが下手なのを見かねたビンちゃんから、下りのコツのレクを受けました。ありがとうございました。先週に続き、敵に塩をおくるあっぱれなM1戦士です。

ところが今日の敵は泥。

私もバイクも泥まみれ

子供はもちろん泥まみれ。その子を抱いた妻の・白い・ダウンジャケットも泥まみれ。レース中の私はドリフ坂で転んで泥まみれ・・・・「一体だれが洗うのよ」といったヤジも聞こえたような・・・・・バイクだけは何とか洗って、急いで着替えて、今度は琵琶湖ホールに向かった。途中、泥ウェアからスーツに、高速のパーキングで、食事もゆっくりとる暇はなく、パーキングでかったお好み焼きなど。なぜかというと、子供たちが泥だらけになったので、大津で服を買わないと、劇場のベビーシッターにはとても預けられないからでした。

さて、なんとか2時開演に間に合った。今日はドンジョバンニ。これが演出が最高に面白く、オケも歌手も良くって、この前のバカ高い、ボローニャオペラ座以上でしたよ。とにかく良かったです。まず何よりも演出にブラボーだったね。ドンジョバンニをヒーローに仕立てており、すべてが良質なコメディーに仕上がっていた。

写真はあとでね。
[PR]
by GIRO1965 | 2011-12-04 22:08 | シクロクロス