シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

パウドリーノ

バウドリーノ(上)

ウンベルト・エーコ / 岩波書店



久しぶりにまともな読書、学生時代に読んだ、薔薇の名前、フーコーの振り子の著者、エーコの新作。お勧め度5段階評価の3+ぐらいかな。歴史が好き、かつガルガンチュアパンタグリュエルみたいな、とんでもない空想が好きな人にはお勧め。

上巻は主人公パウドリーノは、ひょっとした「嘘」からフリードリヒ赤髭公の養子となり、ヨーロッパ中を冒険し、皇帝バルバロッサと、第三次十字軍に旅立つ。ここまでは、歴史冒険小説。下巻はさらに荒唐無稽になり、司祭ヨハネの国に旅立つ、という設定になっているが、どこまで本当か、わからない、というか、すべて嘘なのは明らかな、中世奇譚小説。

最後には、自分もどこまでが本当かわからなくなり、そしてその話を聞いた歴史家ニケタス・コニアテスとの会話の行方は・・・という伝記ものになっていく。

嘘の話といえば、古川日出男『アラビアの夜の種族』が、似ているかも、どちらも歴史的舞台から話がはじまって、壮大な嘘の世界に連なっていく。こちらが極東の作者が見た中近東奇譚、一方エーコは西側の視点。日本人として読みやすいのは多分アラビアの夜の種族かな。

この二人の、一方はパウドリーノことエーコ、もう一方は古川日出男の法螺吹き度はすごい。小説とはわかりながら、法螺をかくさない両者、特にエーコの小説は、嘘とはなんぞや、ということを、ヨーロッパの教会中にある聖遺物を中心に考えてしまう。そういえば、今NHKで小説「大聖堂」もやっていたなあ。あれも聖遺物の嘘についての物語があったな。

私は凡人、せいぜいエゴの一部を膨らませた誇大妄想で、自分を虚飾するのが精一杯。どうせなら、こんな法螺吹きになれないかな、なんて、向こう側は小説の世界。
[PR]
by giro1965 | 2011-02-22 15:24 | Books

雪の通勤

昨日午後から、降雪、あっという間に積雪して、阪奈道路は通行どめ。職場がある竜間地区は陸の孤島に。
d0133127_10152599.jpg

職員には、できるだけ早い帰宅を促していたけれども、途中でバスが止まり、結局施設に戻ってきて夜を明かすか、駅までの坂を編隊を組んで下るか、選んでいただいた。

私は、もちろん、シクロクロス。スリックタイヤだったけど、舗装路+新雪ではまったく問題なし。立ち往生している車の横を、楽しく上り、下った。さすがに10%を超えるとスリップして上れません。

やっぱり自転車通勤でしょう。

そして翌日はすばらしい雪景色。

せっかくだからシクロクロスの練習に使ったオフロードを行く。もう追い込んだりしません。

ウサギの足跡を追いかけながら。
d0133127_10194451.jpg


トレーニングにつかった階段
d0133127_10201695.jpg


日が差すと、とてもきれいだった
d0133127_10204572.jpg


今日も阪奈道路は、朝は通行止め。国道163と阪奈の間も通行止め。

雪の日も自転車通勤はとても快適ですよ。っていうか、北海道では普通ですよね。
[PR]
by giro1965 | 2011-02-15 10:22 | 近況

年が明けた

最初にプログラム決めて、10月にトレーニング始めた時は、脚が何回か攣っていた。こんなんできるのか?と思ってた。パワーのプロファイルを見ていると、1分未満は伸びた、というか、今までがダメすぎた。だけど5分以上が落ちていく傾向があった。これを修正できなかった。来季の課題です。

さらにはテクニックも課題
こんなことが繰り返された。マッドに弱いなあ、それとタイトコーナーも苦手。機材の管理もイマイチでした。
d0133127_35933.jpg

フロントタイヤはずれています
d0133127_40209.jpg
photos by Kei Tsuji

シクロクロス最終戦が終わり、やっと、年が明けた感じがしている。あけましておめでとう、シーズンオフ。膝が痛いので昨日は自転車に乗らなかった。今週はできるだけ乗らないで我慢する週にしよう。


好きな写真。
やっぱり一緒に競う仲間たちがいるのは楽しい。
野洲川にて
d0133127_411537.jpg


ちなみに2年前の桂川、M2で初表彰台でした。
[PR]
by giro1965 | 2011-02-09 04:03 | シクロクロス
トップ3ポイント差の緊張感・・・の中、水曜日あたりから咳がひどいことに。風邪ひいたなあ、あかんなあ、とぼやきながらも、毎日自転車通勤。体を温めると少しは楽になるような、気がしていた(良い子はマネをしないように)。ちゃんと医者に診てもらい、風邪薬を頂、夜はがっつり寝た。

幸い金曜日にはシルクロード店長ちゃんとバイクを仕上げてくれていた。ごっついサンクスです。土曜日は三船スクールに参加。スクールでは、要所要所を丁寧に言葉で解説してくれる。これが三船さんのすごいところ。言語化されると、後で応用しやすくなるだよね、人類は。

桂川のコースは、前半はどれだけ我慢して踏めるか・・・だけど途中数か所スピードを殺さずに曲がることで有利に立てるコーナーがある。後半のコーナリングでは、スピードはどうせ出ないけど、曲がり方によっては、楽に走れる。

そんなことを教えていただき、とてもありがたかった。その後、試走して、終了後ちょうど帰るところだった、三船さんに実は風邪ひいて・・・といったら、風邪をひいたときに勝つためのコツ・・・そんな秘訣があるのか?とおもいつつ、頭に残しておいた。

さて当日、家族と6時45分発、ちょうど7時30分に現地着。さっそく試走が始まっている。私もすぐにピットにスペアバイクを置いて試走スタート。昨日のスクールを思い出しつつ、後半のテクニカル部分を中心にやり直す。

試走者が多いので、自分のラインがとれにくいが、それは本番も同じ・・・なので、他の人に交じってキャンバー登りや階段横切りを繰り返した。

マスター2クラスx2レースの間はローラーでアップし、最後は離れた草地でダッシュx3本して心拍高める、そしてスタートへ向う。

しかもシードコールで名前呼ばれるし、観客めちゃくちゃ多いし・・・・緊張する。ローカル草レースなのに、すごい盛り上がり。スタートはレディース1と一緒。先週の世界選手権で肩を怪我(私と同じ腱断裂と、言われたらしいが)豊岡選手は幸い断裂ではなく、軽傷だったということで、、レースに出れるので一緒に並ぶ。良かった。

スタートダッシュ、最初の数秒は先行、その後豊岡選手、巨匠、そして藤井さん、ビンちゃんなどが前、そして久しぶりに出場している前川さんが強い。師匠も前にいる。泥本さんもいる。キャンバー登り2本目で前川さんがつまり、私もやや後退。藤井さんが先行、焦らずついていく。

Photo by Kei Tsuji
d0133127_3234817.jpg



2周目にはいると、藤井さん、姫などが先行、この二人の後ろについて走っていると後ろからビンちゃん猛スピードで追い抜く。そこで、私は列車を乗り替えるように、ビンちゃん号にのっかり、ストレートを終了。
Photo by Kei Tsuji
d0133127_3241255.jpg



ビンちゃん今日は、調子が良さそう、と思ってその後は藤井さんとビンちゃん、吉中さん、巨匠とパック。途中藤井さんトラブルかなにかで、遅れて、ビンちゃんも少しペースを落としたかと思われた時に、前に出て、4周目ぐらいのストレートでタイム差をつけるべくダッシュ。


あとは、できるだけ重いギアで走る。例外は後半のキャンバー、特に二つ目は、一番軽いギアじゃなければ登れなかった。前が混んでいるとすぐに降車しました。
d0133127_2553116.jpg


登ったらすぐにアウターに入れて加速。

苦手な階段は、最初の1回目は失敗、2-4回は成功するが、最後は失敗が怖くて降車して越えた

本当に後ろが怖いレースだった。後ろには巨匠か吉中さんが、いつも結構近い。後ろとの差が気になる振り返りGIROだった。



勝てて良かった。


三船さんの「体調が悪いときに勝つコツ」・・・・それはチャンスが来るまで待つこと・・・だった。3周目まで、今日は待ち続けた。いつもだったらビンちゃんがアタックしたときに私もアタックをかけていたかもしれない。そういう意味でも、三船さんのアドバイスはすごく的確だった。あの言葉のお陰です。

表彰台・・・本当にうれしくて泣きそうだった。
d0133127_2543624.jpg

5つの感謝
1.こんな舞台を、レースを毎年開催してくださる京都車連、関西シクロクロス実行委員会の皆様、本当にありがとうございました。ときどき我儘を言って申し訳ありませんでした。
2.妻、そして子供たち、ありがとうございました。病気の時に、置き手紙して行ったりしてゴメン。
3.シクロクロスに限らず一緒にレースを走っているライバル、練習仲間の皆様ありがとうございます。皆様の気迫、息遣いが練習中も聞こえてきます。来年も皆様に負けないよう頑張ります。
4.関西シクロクロスで応援に来て下さる方々、いつも応援ありがとうございます。日本のアマチュア自転車レースで、こんなに声援が飛ぶのは、他にはないと思います。でもビンちゃんや、筧五郎さんのように、応援に答える余裕がありませんが、頑張ります。
5.自転車を整備してくれるシルクロード店長。ありがとうございます。いつも我儘いってごめんなさい。でも頑張りますから、これからもよろしくお願いします。

Photo by Kei Tsuji
d0133127_3252563.jpg


コノスルのワインは大好きな、エスキナ店長から・・・・抱きつかれた(ポッ)
d0133127_2584673.jpg


CL1は豊岡選手。来年もいっしょにがんばりましょう。
Photo by Kei Tsuji
d0133127_3195419.jpg


カテ1は善光くん、チェーントラブルで後退したけど、総合優勝キープ!おめでとうございます。


賞金つき
d0133127_257462.jpg


そして夕飯
今回は、文句なしの焼き肉。ステーキ付き
d0133127_2595824.jpg


最後に辻啓さま、いつも素晴らしい写真、ありがとうございます。
宝物です。
2月11日のJSPORTS楽しみにしています。
[PR]
by giro1965 | 2011-02-07 03:26 | シクロクロス

間に合うのかリドレー

このところバイク、災難続き
先日破損した電銅鑼を修理にだしたところ、シマノさまが、なんと新品に交換、ありがたやーーー

ロードでのっていたら、こんな壊れ方はしないでしょう。シクロクロスで何度も転んだからやっちゃったんだ・・・

と思っておりました。覚悟していただけに、新品が帰ってくるのはめっちゃうれしいです。

その後、昨日は通勤途中にちょっと無理して転倒。その後、リアのチュブラーがパンク。う、痛い・・・でも、
天気はこのところよくって、木津川河川敷には朝露もあまり無い様子。だからリアをドライ仕様に変えようかと思っていたので、昨晩から張替えしてます。3日かかるのようね、張替え。

今朝は通勤途中に、5分TTだけ。ところがその後生駒山中でなんとリドレーのエンドを折ってしまう。電銅鑼は無事。さっそく、以前、リドレーのエンド金具2本頼んでおいたのですが・・・と確認したところ、なんと注文忘れ・・・

これも、もとはといえば、私がしょっちゅう転倒するのが問題。ほんとに、よくひっくり返っています。だからエンド修正は毎週してもらっていた。いつかは折れると思っていたら、やっぱり折れた。
幸いなことに、折れたのはエンド金具のみ、ということを吉としよう。

ということで、別のリドレーのバイクのエンドを至急送ってくれることに。間に合うのかなあ? まあ、今日は木曜日、明日届いて金曜日、土曜には試走ができるでしょう、と期待。

もし、エンドが合わなかったら・・・デロザででます。でもリドレーで出たいですので、よろしくお願いいたします。

体調は・・・普通です。
このところ、長時間のパワーは落ちる傾向、その代わり、短時間(1分ぐらい)のパワーは改善していた。トレーニングの結果、不得意が伸びて長所がやや削られた感じがある。これではいけない。
来年のメニューの見直しは必須です。

今朝のエンドを折る前に5分間のパワーを計ったところ、目標値マイナス5パーセント。5分TTだけ明日もういちどやって、安心してレースに臨みたいなあ。
[PR]
by giro1965 | 2011-02-03 12:51 | シクロクロス