シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

福岡での学会のあと、日曜日にLowe師匠に誘われて池連。ほぼ治癒しているとおもっていた大腿直近が、シケイン越えのあと、再び痛み出しピンチ。2周のアップのあと5周。結果はLoweさんに完敗。一度のアタックで、あんなにやられてしまう・・・強い人でした。

ただし、二人とも初老です。師匠は腰を痛め、私はまた左の大腿が痛みが消えませんでした。

それでも師匠は、「何かやるよ」とおっしゃっていました。この何かやるが、「勝つこと」なのか、「水中遊泳」なのかは不明でしたが、私は前者だと理解して、アシストに徹するつもりでした。あーでもない、こーでもないといいながら、師匠とお別れ。

その時は、師匠の腰痛がこんなにひどいとは、思いもいたりませんでした。

月曜日はむりせず通勤して、そのあと夕方は軽いランニング。火曜日は雨で中止。水曜日は久しぶりのインターバルトレーニング。まともな練習はこれだけ。ちょうどChris CarmichaelのTime crunched cyclist(時間に追われるサイクリスト)が届いたが、読む暇もない。レースはあと3日しかない。


木曜日はFTP80%で1時間。夕方はランニング。金曜日は子供保育園送りで練習は中止。夕方から私の母上が来るので練習せず。土曜日は朝瓢箪山の会議で、帰りに十三峠一本のぼり、そのあとはゆっくり家までサイクリング。幸い大腿の痛みはない。

結局練習不足のまま、日曜日を迎えた。マイアミは砂浜。やったことは、かなもさんのブログを見て、他の人がどういう走りをしているかを覗き見することぐらいか?

当日は朝6時30分に、妻子と母をつれて出発。現地には8時10分着。今回は駐車場も込み合っておりました。
なんせ、今日はUCIカテゴリー2レース。C1とL1にはUCIポイントがつレース。

ブリジストンやパナソニックのチームカーが泊まっている。またキャンピングカーも多数。強い人は、こんなんで転戦するんですね。すごいと実感しました。そしてすでに試走が沢山走っている。そんなUCIレースというだけで興奮してしまう。私もさっさと着替えて試走にいく。



スタートから、しばらくは直線の舗装路。ほとんど無風。林の中に入る。そこにシケイン。おもいっきりいこうとすると、ビキ!っと左の痛めていた大腿直筋が再び痛む。これはあかん。左足では踏み切れないので、そのあとの練習では右足で踏み切ることに。でもそうすると、かなり前から減速しなければ、タイミングが合わないのでロスが多いが、仕方ない。

林を抜けると二つのながーい砂場。まずは前半の砂場の踏み具合を、陸側、真ん中、海側とすべて試すが・・・私の脚力?あるいは技術?では進みません。前半の砂場は、多分ほとんど担ぐだろうと予想。

途中ちょっと乗れるところがある。とくに後半の砂場は前半はラインさえ間違えなければかなり乗れることが判明。問題はこのラインがふさがっていないかどうか?

砂場は、もう一箇所短いところがあり、ここは、勢いあれば乗っていけそう。
そして林の中。途中木の枝と砂で走れないところがあり、担ぐことを決意した。

3周ほど試走。そして車に戻ってローラーをしたかったけど、ぽんぽんが、自転車に乗りたがるので、ローラーを5分ぐらいであきらめて、サルサにのってスタートへ移動。

本日のライバルであろう、巨匠にょろにょろさんは、しっかりとコース際で3本ローラーされていました。

Loweさんは腰痛のため出走せず。だけどわざわざ斑鳩から応援にかけつけてくれた。ありがとうございました。

9時にM2などがスタート。私たちは10時のC2のスタートに続いてスタートする。後ろからはUCIレースの女性がスタート。これは世界戦選出を欠けた大事な試合。C2にはかなもさんや、俳優の日比さんらがスタートした。

30秒おくれて私たちのスタート。



最初の直線は、なんとか前方に位置できたようだ。にょろにょろさんがトップを走る。シケインまでもおよそそんな位置。シケインを過ぎるころには、前にスタートしたC2の最後尾に追いつく。


シケインでは、やっぱり左足の痛み。右足でジャンプして越えた。ちょっとかっこ悪い。シケインにはカメラマンが多く、シャッター音がたくさん聞こえた。恥ずかしい。

そうこうしてる間に砂浜に。にょろにょろさんは、真ん中のラインで乗ろうとしている。私は、前方がC2で混雑しているのを見て、乗るのをあきらめ、最初から担いではしることにした。ここでトップに立った。あとはただかついで走るのみ。

これが成功し、結局C2で込んでいる選手がおそければ止まらざる終えない選手が続出。最初からかついでいれば、すぐにラインを変え、追い抜けることができた。


これが成功し、2週目終了時にはかなり差がついているようだった。

d0133127_1394763.jpg


三周目ぐらいの砂浜では女子のカテゴリー1のトップの森田選手に抜かれる。そのあとしばらくして、豊岡選手にも。このかたがたは日本代表をねらっていらっしゃるので仕方ない。がんばって豊岡選手についていこうとする。

林の間のコーナーでは、豊岡選手の腰のあたりと私の腰が接触。男のライダーと接触するときと比べて柔らかい感じであった。

3周ごろ泥本さんの追い上げで差は8秒ぐらいまで近づいていた。これは私が林間の砂のセクションで、ちょっとラインを間違えて数秒ロスした結果だとおもう。そのあと、豊岡選手や、シマノドリンキングの選手をペーサーにして、タイムを維持できた。Loweさんが途中で適切なアドバイスをくれたもの助かった。

最後は、生まれて初めての万歳ゴール
d0133127_13122256.jpg


いやー、うれしかった。こんな砂のコース、まさか勝てるとは思わなかった。勝因があるとすれば、砂浜では、頑張ってのらないことか?


でもC1の選手はみんな乗っている。すごい。どうしたらこうなれるんだろう。ぜんぜん違うレース展開ですね。

d0133127_13123261.jpg


Photo by 高木秀彰さま どうもありがとうございました。
[PR]
by giro1965 | 2009-11-23 19:40 | シクロクロス

M1優勝

長年練習をしてきた、両手をあげての万歳をしました。



詳細は後日、ああ、ねむい。
[PR]
by giro1965 | 2009-11-22 20:00 | シクロクロス

伊吹山

d0133127_14184493.jpg

もう来年の伊吹山の心配をはじめました。12月1日エントリー開始だそうです。
[PR]
by giro1965 | 2009-11-20 14:19 | ロード
マキノでのレース後、火曜日から福岡出張。国際学会で、毎日が酒。こんなに酒をのんだのは何年ぶりだろうか? まだ大腿も痛んだので、自転車は持っていかず、ジョギングは、靴はもっていったが、実行せず。完全休養のつもりが、結構飲酒で疲労しました。

金曜日の夜は、ガラディナー。10時30頃に終わるが、その後に2次会につれていけというので、近くのKentosへ。20人ぐらい来るかな、って高を括ってケントスに電話。ところが、ぞろぞろと80人ほどいらっしゃいました。とても全員入りきらない。20名ほどを近くのカラオケへ誘導して、60人ぐらいがケントスをのっとってしまった。
そのうち、また空席ができたということで、20人のうち、10人ぐらいをケントスに誘導。
ご存知ケントス、皆さんの平均年齢は50歳ぐらいでしょうか。最低は、出席者の子供14歳、最高75歳。オールディーズで狂ったように踊っておりました。
ビールが遅いとか、椅子が足りないとか、皆さんいろんなことをおっしゃりまして、

80匹のライオンを囲っている羊飼いのような気分です。

問題は集金、一人一人まわるところもあり、スウエーデンはまとめて払うとか、ジョンズホプキンズはまとめて払うとか・・・いろいろありまして、結局全部はあつまらず・・・自腹切りました。
まあ、楽しんでいただけるのなら、安いものです。
2時にケントスもしまりました。翌朝は9時からのセッション。私も行かねばなりませんが、デンマークの方々が、もう一軒つれていけ、踊れるところがいいとのたまいます。
そりゃ、親不孝通りに行けばあるのですが、ここは中州。とりあえずビールが飲めるところにつれていき、朝4時まで。

こんどはバイキングに誘拐された羊飼いみたいな気分でした。

さて、翌朝ですが、バイキングの方は皆9時にちゃんと来ておりました。たいしたものです。

来年はこの学会はミュンヘンです。しかもオクトーバフェストの直前。こんどはビールに飲まれてしまいそうです。
[PR]
by giro1965 | 2009-11-14 08:32 | 近況
さて、日吉の耐久の後、マキノまでは4日しかない。土曜日は休養したいので、実質3日の練習。

ところが、フクダステップTTの後、大腿直筋の上の方が痛み出した。耐久はなんとか走れたが、その週の練習はセーブ気味に。特に立ちこぎをすると痛んだ。急に短距離走(しかも、自転車ではなく、走り)なんてするととんでもないことになる。

さらにYoutubeをみると、マキノはとんでもない階段がある。階段の練習は、いつものところで通勤途中にする。登りはいいのだが、繰り返し練習のため階段を下ろうとするとやっぱり痛い。

仕方ないので、インターバルや階段の練習はそこそこに。落ちているVO2マックスを戻すため、1時間の通勤をLSDに変更する。これで、少しでも筋肉が育ってくれればいいのです。
でも土曜日もやっぱり筋肉痛が残っている。

さて、日曜日4時に起きて、4時30分に家族3人でマキノに向かう。妻曰く、ここでいかなくって、優勝されたら後悔するらしい。でも一緒に来てくれてうれしい。

ぽんぽんはずーっと寝てくれて、高速を降りてから起きた。
7時ちょっとすぎにマキノ高原スキー場に到着した。コースは昨日設営されているが、レースのスタートは9時10分なので、まだだれもいません。

ゆっくりアップをかねて試走を始めました。坐って乗っている分には問題ないのですが、立ちこぎ、そして、階段の担ぎでは、大腿がひいひい言っていました。

問題は階段。がらばさんによると、63段あるらしい
練習中は駆け上らず、ゆっくりと歩きました。

しかし、私の問題は、これではなかった。登った後の下り。

ひえーー怖い。

これは、C1レース中の選手。ブレーキワイアがきれたそうです。

くだりの第一セクションは、左にゆっくりカーブを描いており、つまり、右側は、低く、しかも砂地で、滑ります。一回目。ここで失敗。前回1日の日吉のレースで転倒したときの擦り傷に塩を塗りこんでしまいました。

これはC3の下り。1分目ぐらいから転倒続出でした。



気を取り直して、やりなおし。2回目は、ハンドルを思いっきり制御して、なんとかクリア。第二のセクションはほぼ真っ直ぐの下りですが、途中右折し、そして左折。
今度はここで、フロントをおもいっきりひいてしまい、後輪がうかびあがり、転倒しそうになりました。

体ががちがちに固まって、防御反射のせいで、さらに大腿四頭筋が痛みます。

階段セクションだけ、3-4回くりかえして練習。その後、エントリーをしに本部に戻りました。ちょうど、小南鍼灸整骨院の方々が設営して、マッサージオイル等を売っており、それを買って、妻にマッサージをお願いしようとしたら、整骨院の方がやってきて、本格的なマッサージを受けました。
d0133127_13125056.jpg


おかげで、少しはほぐれました。あとはもう無理をせずレース開始を待つばかり。
ただ、気分はブルー。あんな下り、かついでおりようか、でもそうすると、大腿がさらに痛む…

9時10分。レース開始です。こんかいも、誰かがちーんと、ベルを鳴らし、緊張をほぐしてくださいました。ありがとさんです。

さて、スタート。最初、砂利からスタートしたので、ホイルがスピンしましたが、2-3回転させると、前に進みだし、4位ぐらいの順位でホームストレートを越えました。
レースは右にカーブ。そこで2位に。さらにちょっとはしって、1週目の階段の前でトップに。

d0133127_13132813.jpg



ここでトップにたっておけば、階段をトップで登り・・下りが遅くてもそれほど差がつきません。

作戦はうまくいき、なんとかトップで階段セクションと下りを終えました。Loweさんや妻やぽんぽんの応援が心地よいです。

少しでも後続を離そうと、芝の登り区間踏みまくります。ただし、たちこぎはできるだけせず、途中の砂利のセクションでは、おもいっきり減速して、安全確保。転倒に注意しながら、じわじわと後続との距離を広げました。

2周目の下りもなんとかクリア。3周目に入りました。後ろはSquadraの方です。前回3位のマジリングの寺田さんではありませんでした。芝のセクションでは、距離を広げられますが、階段+下りでは、すぐ後ろにつけられてしまっています。
あせったのでしょうか。3周目の下りで転倒。誰かが、タイヤはずれとる・・と声をかけて、後輪をみるが問題なし。でも前輪…いかん、チュブラーがリムから外れてる…と付け直しました。やっぱりリムテープは良くないようです。

d0133127_13135559.gif



タイヤを付け直している間に、後ろはさらに接近。ただし、抜かれる前に再スタートできました。5秒差ぐらいまでは、近づいていたでしょう。
気持ちを入れ替えて、芝を踏みまくり、また若干はなし、最終回の階段+下りでは、また2位の方はお近づきになり、最後は踏んでなんとかトップでした。リザルトは15秒差。

はじめての表彰台ど真ん中をゲットしました。
もちろん金色のシクロクロスワッペンも初めてです。

d0133127_13142817.jpg


レースが終わって、しばらくすると、大腿がつりはじめ、変な歩きかたになっていました。
着替えてLoweさんの応援にいきますが、もう歩けなかったので、ぽんぽんを乗せて、自転車で移動。

途中周回数を間違えたようで、今一息のところをおいつけず2位。すごい、おめでとうございます師匠。

d0133127_13144865.jpg


これから、何とかしてにょろにょろさんに追いつけ・追い抜け…ですなあ、師匠。



こっちは師匠のライドです。

[PR]
by giro1965 | 2009-11-09 13:14 | シクロクロス

はじめての一等賞

子供の頃から、運動が決して得意ではなく、40になって自転車をはじめてもうすぐ4年。

シクロクロスには、2007年には1レース、2008年には4レースでて、はじめてポディウムにのり、今日、うまれて初めて1番になりました。

これまで、ご指導いただいた、Lowe師匠や、トレーニングを支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。

これからは、カテゴリーが上がって、簡単には勝たせてはもらえないでしょうが、また表彰台をねらっていきます。



それからLowe師匠、M1での2位おめでとうございます。追いつき、追い越せ・・・でがんばります。


詳細レポートは後日・・・といっても今週からまた、怒涛の忙しさです。
[PR]
by giro1965 | 2009-11-08 20:33 | シクロクロス

日吉耐久レース

11月3日フクダステップの後は、奈良の初老チーム、LOWEさん、Yさんと私の3人で、耐久に出場。

私はレースでは、はじめてユーロワークスのジャージに袖を通しました。

走り始めると・・・・ビデオでもわかりますが、最初は自分が5-6番手という意識しかなくって、でも、前にストラーダが3番手でいるという情報を得てから、目の色がかわりました。







でも、最後はおしかった。



私がスタートでもっとがんばっておけばよかったんです・・・
周回のラップタイムをみても・・・・もっとできるはず・・・

ああ、後悔先にたたず。

レース展開はこんな感じでした。

LOWEさんのいうとおり、Yさんの走りには圧倒されました。この人、私より早く昇格するんではないか?とおもうぐらいです。カテ1と一緒にはしっておりましたからね。 

とっても楽しいレースでした。
[PR]
by giro1965 | 2009-11-07 01:05 | シクロクロス
さて、日曜の夜はるり峡温泉に宿泊。雨がふっておりましたので、宿でゆっくり。ぽんぽんはTOYSTORYのビデオで満足したらしい。私たちには久しぶりの温泉と豪華夕食がまっておりました。おかげでぐっすり。

月曜日はお休みをいただき、保津峡くだりで嵐山まで。昨日の雨で水は増えているといいますが・・・球磨川の急流を期待していた私にとっては、ちょっとさびしいかな。でも1時間40分と長く楽しめ、かつ数百年間も水運に使われていた歴史を考えると、
感動する。

嵐山で昼飯。
その後はトロッコ列車。
ただ、満席で1時間待つことに・・・それでも駅には機関車やら、ジャングルやら、ぽんぽんが楽しむものは沢山あり、退屈はしなかった。

月曜日の夜も同じるり峡温泉に宿泊。
昨日とは違い、秋の味覚コース。こっちの方が手がこんでいておいしいかもしれない。
この宿のいいところは、通常の風呂を家族風呂として50分使わせていただけること。妻は身重だし、ぽんぽんは骨折していて、腕をビニール袋で防水する必要があり、何かと複雑なので、この家族風呂はありがたい。来年ももう一人増えても、ここだと来れそう。

さて、翌朝は・・・
シングルスピードのレース。でも、しまった。時間何時からだったか、わすれてしまい、会場に着くと、もうスタートしてしまってました。
受付の人が丁寧にも、フクダステップTTに振り替えてくださり、挑戦することになりました。

50メートルぐらいの距離にフクダステップがおかれ、それを往復して帰ってくるという、運動会の障害物短距離走みたいなもんです。

9人がエントリー、みなさん強豪です。




走るのと、乗るのと、どっちがはやいかというと・・・・おそらく走ったほうが速いでしょう。
中にはスタートから全部走って、私よりタイムがよかった人もいました。
というか私が遅すぎです。9人中8位でした。

苦手種目ですね。

乗った人はこんな風にこけてました。

こんなアホなあそびよう考えた!

そしてそんなアホなレースに初代に参加した私もアホです。
[PR]
by giro1965 | 2009-11-04 23:45 | シクロクロス
シクロクロスの第一戦は京都府日吉でありました。関西人でない私は、それがどれぐらい遠くにあるかもわかりません。11月1日が通常のレースで、3日がエンデューロという連続。そして間もなく8日もマキノというところでレースがあるそうですが、地図で見る限り、これも遠いなあ。

ということで、きっと日吉は遠いんだろうと、想像して、今年は家族と夏休みらしい休みもとれなかったので、2日はお休みを頂いて・・・・連休といたしました。

今年からマスターの下のカテゴリーは朝一番であります。どおせ年寄りは朝が早いということなのでしょう。

朝5時半ごろに、ぽんぽんと妻と3人で出発です。朝は天気がよく、午後から雨という予報でした。レースまで天気が持てばいいなあ。

さて、遠いと思っていた日吉ですが、なんのことはない・・・1時間半でつきました。白浜より近いですね。レースは9時からなので、8時前ぐらいから試走を開始。
まずはゆっくり一周。

テクニカルなところは・・・・シケイン(板の障害)の周囲が石が多く、バイクがすぐに跳ねてしまい、うまく飛び降りたり、飛び乗ったりできないことが難所。
d0133127_19545717.jpg



そして芝の斜面のぼり・・・なんとか降りずに登れる程度、
d0133127_19553728.jpg


そして岩場の鋭角のコーナー・・・などなどを注意しつつゆっくり回り、そのうち、昨年一緒に走った方々が続々現れてきましたので、お話をしながら数周いたしました。

途中関西シクロでは有名なストラーダのにょろにょろさん・・・にもご挨拶。なんと、今年からマスターで走るそうだ・・・やめてくれ、なんせこの人は昨年のC2表彰台常連、たのむから年齢をさば呼んで、C2で走り続けてほしい・・・そんな人が40歳になってしまった。今日はにょろにょろさんをマークすることに決定しました。

そうこうしているうちに9時になり、スタート時間。
今年から召集ルールが代わり、早くからバイクを並べる必要がなくなったので、ゆっくりと現地に向かいました。スタート1分前・・・・とドキドキしてまっていると、だれかが
「ち―ん」と自転車のベルを鳴らす・・・・

吹いてしもうた・・・

みなさんも爆笑



本当に関西人ですね。レース用の自転車にベルをつけて、しかも、スタート直前に鳴らすなんて・・・福岡の田舎そだちには、その余裕はありませんでした。

一気に緊張感が解れてスタート。最初は舗装路を駆け上ります。私はスタートダッシュはあんまり得意ではないので・・・5-6番ぐらいでしょうか、そして曲がって集団になります。先頭は・・・やっぱりにょろにょろさんでした。

その後はのぼったり下ったり・・・・にょろにょろさんが、先頭でやや速く、あとは5-6人が追いかけます。私もその中におりました。

一周目のうちに2番か3番ぐらいにつけようと、チャンスがあれば一人、また一人というふうに抜いていきます。芝生の上りが一番重くてしんどい。それと、私はコーナリングがヘタなので、その分曲がったあとダッシュをしますので、さらにしんどい・・・



2周目の後半ぐらいには2位につけておりました。にょろにょろさんとの時間差は30秒ぐらいとDJガラパさんの声が響きます・・・うーん、追いつくかなあ? 追いつかねばと、3周目のスタートから舗装路を駆け上り・・・・

ガシャ-ン



やってしまいました。頂上のコーナリングで転倒
「大河内選手落車です・・・パーフォーマンスしすぎ」すかさずガラパさんのコメントが入ってしまう、メインスタンド目の前の落者でした・・・

あーあやってしもうた。さいわい、右膝下をすりむいただけ・・・でもアナウンス恥ずかしいです。


これで、にょろにょろさんとの差は広がるばかり・・・・むしろ気にすべきは後ろです。3位の人がまじりんくジャージに変わっていましたし、だんだんつめてこられるような気がしました。

心理的には2位を守ろう・・・という守りに入ってしまいました。最終周回は、激坂のぼりに失敗。おしてのぼってしまいました。
d0133127_1958132.jpg


残りの1周をなんとかこなして・・・・2位でした。にょろにょろさんとは1分の差・・・速すぎです。C2に戻ってください・・・




あーあ、初回、参加人数が少ないうちにクラスを上げようと、せこい発想をしていた私の作戦ミスでした・・・

というよりもにょろにょろさんが、絶対的に強かった。
d0133127_1958576.jpg


まだまだ修行がたりないGIROでした。
私のレースが終わるとM1+C2が始まりました。

去年の最終レースで負けたまじりんくTさんの出番ですが・・・・何と試走のとき、シケインで転倒して膝下を怪我したとのこと・・・DNSらしいです。お大事に・・・

そのレースも終わると・・・・雨が降ってきました。それからは強風・強雨の中のレースになったそうですが、私は家族と宿へ・・・・でも雨、することがないので、ビデオを借りて部屋でみて、温泉に入って・・・丹波牛コースを食べて・・・おいしかった・・・寝ました。 明日は自転車には乗りません宣言もしました。
[PR]
by giro1965 | 2009-11-03 22:08 | シクロクロス