シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

インプレ求む

ポンポンは先週突発性発疹で大変でしたが、やっと落ち着きました。
さて、新車についてなやんでいます。どれがいいでしょうか? インプレなどいただけたら幸いです。

まずはマトリックスパワータグ愛用車
辻兄弟とおんなじです。
d0133127_6464164.jpg


次はGTのマッハワン
d0133127_6475572.jpg


I am specialized! ベッティーニやボーネンと一緒です。
d0133127_6502318.jpg


次はランスの愛用車です。デザインが凝っています。
d0133127_6511288.jpg


コルナゴふぉーフェラーリではありませんが、値段も他のメーカーの倍以上します。
d0133127_6515448.jpg


マングースです。BMXのオリンピックを思い出します。
d0133127_6524213.jpg


フェルトです。
d0133127_6552773.jpg

[PR]
by giro1965 | 2008-08-27 06:56 | ロード
今日から王滝にむけて、MTBで通勤。
ところで、シクロのスケジュールが発表された。

シクロクロスは楽しいよ。

【関西シクロクロス】
第1戦 11月 9日 府民の森日吉
第2戦 11月23日 びわこマイアミ
第3戦 11月30日 堺市
第4戦 12月21日 福知山市三段池公園
第5戦 12月28日 北神戸
第6戦  1月11日 希望ヶ丘
第7戦  1月18日 野洲川
第8戦  1月25日 京都市桂川
[PR]
by giro1965 | 2008-08-25 10:58 | シクロクロス
浪費家のあなたではない。バーゲンの達人でも、けちな人でもない。 =自転車のりのことだと思うよ



Miranda Hitti
WebMD Medical News

【8月14日】あなたの買い物のスタイルから、あなたの幸福度を垣間見ることができるかもしれない。そしてどのくらいお金を支払うかよりも、何にお金を使うかの方が、重要かもしれない。

最も幸福な消費者は、最大のバーゲンを狙う人でもなければ、そこにある一番良いものを手に入れるためにいくらでも金を使う人でもなければ、財布がほこりをかぶるほどけちな人でもないことが明らかになった。

最も幸福な消費者は、お金や品物にこだわらない人である。そういう人々はむしろ外食や旅行のように何かを経験することにお金を使いたいと思う。

それらの人々はエンパイア・ステート大学(ニューヨーク)のMiriam Tatzel, PhDが言うように、「体験志向の人」である。

Tatzel博士は329名の大学生に、消費習慣と幸福感についての調査に回答するよう求めた。調査から、消費に関する4つの性格が明らかになった:

浪費家:何でも正価で購入し、最上のものしか買わない。
お値打ち品を求める人:魅力のあるもののバーゲンを探す。
金を使わない人:あまりお金を使わず、使いたいとも思わない。
体験志向の人:おいしい食べ物や旅行など、何かを体験することには惜しげなく金を使うが、物には金を使わない。
体験志向の人が最も幸福である;浪費家は最も幸福度が低く、クレジットカードによる借金が最も多いと、Tatzel博士は報告している。

博士は8月14日に米国心理学会の年次総会(ボストン)で知見を発表した。

which-shoppers-are-happiest



(C)2008 WebMD Inc. All rights reserved.
[PR]
by giro1965 | 2008-08-21 16:14 | 自転車の医学
今日福島県大野病院の婦人科医療事故の一審の無罪判決がでた。
Excite エキサイト : 社会ニュース
<大野病院医療事故>帝王切開の医師に無罪判決 福島地裁
 福島県大熊町の県立大野病院で04年、帝王切開手術中に患者の女性(当時29歳)が死亡した医療事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた同病院の産婦人科医(休職中)、加藤克彦被告(40)に対し、福島地裁は20日、無罪(求刑・禁固1年、罰金10万円)を言い渡した。手術中の医師の判断を問う裁判として注目されたが、判決は医師の裁量の範囲と認めた。

 起訴状によると、加藤医師は04年12月17日、帝王切開手術中、はがせば大量出血する恐れのある「癒着胎盤」と認識しながら子宮摘出手術などに移行せず、クーパー(手術用はさみ)で胎盤をはがして女性を失血死させた。さらに、医師法が規定する24時間以内の警察署への異状死体の届け出をしなかったとされた。

 医療行為を巡り医師が逮捕、起訴された異例の事件で、日本医学会や日本産科婦人科学会など全国の医療団体が「結果責任だけで犯罪行為とし、医療に介入している」と抗議声明を出すなど、医学界を巻き込んで論議を呼んだ。公判では、検察側、被告側双方の鑑定医や手術に立ち会った同病院の医師、看護師ら計11人が証言に立っていた。【松本惇】

----------------------------------------------------------------------------------------
この事故については、医療者の中では大きな話題であった。
問題点は2つ
1.医師にとっては「一生懸命治療していても、結果が悪ければ、犯罪に問われるのか?」という問題に置き換えられる。
2.さらに救急医療や、産婦人科などで、予測不可能な合併症があり、死亡した場合、それは「異状死」にあたるのかという問題も含まれていた。 病気の合併症による死亡は、不可避の場合も多く、それ自体で「異状死」には該当しないと考えられていた。

したがって、判決いかんによってはもしこれが有罪になれば、今までの考え方を大きくあらためなければならない。 有罪になれば、医師を辞めると宣言していた方も多かったぐらい、反響がおおきな事件だったのだ。

医療にもとめられるのは、医師や医療スタッフの良心に基づく医療行為であることは疑いようがない。しかし、良心に基づいていても、結果がだめであれば罪にとわれるのでは、やってられないという気持ちになる。


だから、有罪だったら、医師不足はさらに加速するだろう。特に産婦人科領域は「さらに」たいへんなことになっていたと考えられた。

以下判決理由の抜粋です。
----------------------------------------------------------------------------------------------

医療行為が患者の生命や身体に対する危険性があることは自明だし、そもそも医療行為の結果を正確に予測することは困難だ。医療行為を中止する義務があるとするためには、検察官が、当該行為が危険があるということだけでなく、当該行為を中止しない場合の危険性を具体的に明らかにしたうえで、より適切な方法が他にあることを立証しなければならず、このような立証を具体的に行うためには少なくとも相当数の根拠となる臨床症例の提示が必要不可欠だといえる。

 しかし、検察官は主張を根拠づける臨床症例を何ら提示していない。被告が胎盤剥離を中止しなかった場合の具体的な危険性が証明されているとはいえない。

 本件では、検察官が主張するような内容が医学的準則だったと認めることはできないし、具体的な危険性などを根拠に、胎盤剥離を中止すべき義務があったと認めることもできず、被告が従うべき注意義務の証明がない。

 【医師法違反】

 本件患者の死亡という結果は、癒着胎盤という疾病を原因とする、過失なき診療行為をもってしても避けられなかった結果といわざるを得ないから、医師法にいう異状がある場合に該当するということはできない。その余について検討するまでもなく、医師法違反の罪は成立しない。
[PR]
by giro1965 | 2008-08-20 12:16 | 医療

せ、せんとくん

せんとくん情報
Excite エキサイト : 社会ニュース
ついにせんとくん着ぐるみで登場。ぽんぽん怖がるだろうな。
d0133127_16324618.jpg

[PR]
by giro1965 | 2008-08-19 16:33 | 奈良

Yabuさんのリクエスト

Yabuさん、たしかに乗鞍でも、なぜか写真写りは<逆光でも>飛びぬけているエウスカルデルジャージ。これはいいかもしれませんね。どこにいるかすぐわかりますね。
d0133127_17351964.jpg


Tsukaさんが、Yabuさんのリクエストで、オレンジを加えたとのことでしたが、脱水で朦朧状態のTsukaさんが作ってくれたのは、イチゴカラー。なかなかかわいい。
d0133127_1026492.jpg

でもTsukaさん、オレンジ版もつくってみてくださいな。オレンジとピンクのグラヂュエーションもおもろいかもね。

もう一個がこれ
d0133127_10293337.jpg

ちょっと緑がかっていますが、黒からグレー、または濃い緑もいいですね。
脇にはMetabolic Expressと入れませんか?
[PR]
by giro1965 | 2008-08-18 10:31 | ロード

大正池タイム更新

シルクロード朝錬とは別に、すずしさを狙って朝6時に集合。ところが来たのはYokoさんとT師匠だけでした。他のみんなはどこに消えた?

今日の気温は23度と、とっても涼しい。ときどき霧のような小雨があり、体にはやさしい気候です。


で今日は連中が来るまで大正池を2本することに・・・

1本目:とにかく心拍数が上がりすぎないように力を抜く、がんばり過ぎないこと、と決めて自分の心拍数が170を超えたらペースダウンして160台に戻すことを意識してスタート。
先日転倒してチーム合宿にもいけなかったT師匠が後ろからついてきてくれる。こういうときはサボれない。心拍はすぐに170を超えてしまう。 いかんいかん、ペースダウン、と言い聞かせて登る。

で、タイムは20分7秒。念願の19分台まであと7秒。
心拍はMAX172、Ave168. で、なんと平均ケイデンスは99!AveSpeed23.6キロ。 今日は本当にペダルがよく回った! 昨日の休養ライド(30キロ、のんびり)がよかったのか、このところ続けている毎朝のTTが良かったのか、少しずつタイムが改善している。なんだかヒルクライムのこつをつかみかけたような感じだった。
いままでケイデンス100で20分まわせたことなんてなかった。

2本目は、のんびり登り、タイムも測定せず。それからメタしばきを登る。いろいろあって、途中離脱。ここから家までがしんどかった。全部で93キロでした。

それから、西表からわざわざ遊びに来てくれたちいさい友人と一緒に、奈良公園とウエルサンピア京都のプールに行く。 イモ洗いとはこのこと。 でも赤ちゃんプールでぽんぽんも大喜びでした。

d0133127_511253.jpg

d0133127_53132.jpg

d0133127_531745.jpg



んでもって、今朝の通勤は14.3キロ42分とのんびり。TT区間は6分58秒でしたが、心拍はMAX169、AVE156。
やっぱりたいしたことないな。
[PR]
by giro1965 | 2008-08-17 14:03 | ロード

ジャージの件

われらがショップシルクロードには、チームシルクロードというものがあるそうですが、毎日曜日の朝練習、年に数回のイベントをしています。シルクロードジャージというのもあるのですが、店長が時々着ます。しかしレース会場にいけばなぜかシルクロードジャージがたくさんあります。

店長にはつながりがきっとわかるのでしょう。

さて、それとは別に、朝錬にくる方々数人で、春先にジャージを作ろうという話でもりあがりましたがTsukaさんがようやくその気になってくださったようで以下のような案が送られてきました。


まずはスタンダードのジャージ。私のリクエストはアシンメトリー。
Tsukaさんは、カフェレーサー風がいいとのこと・・・それでこんなんが出てきました。

あとはサイドラインと肩に何かいれることになるんでしょうか。
あとパンツはどうしましょう。

d0133127_1485871.jpg


かっこええでしょう、これ。
[PR]
by giro1965 | 2008-08-16 14:11 | ロード

今朝の通勤

14.4キロ38分34秒
ケイデンスMAX/AVE 114/78
HR MAX/AVE 173/143
TT区間6分53秒

まあ、いつも通りの朝でした。
[PR]
by giro1965 | 2008-08-15 14:34 | ロード

ねずみのドーピング

実験段階の化合物によって、運動しないマウスの実験で持久力が向上するらしい。
男性ホルモンも同様の作用があるが、これはどう違うのか今のところまだわからない。
私たちのような肉体労働者のさらに働かせる作用があるのかもしれない。とすると新たなヒロポンのような気もする。
-------------------------------------------------------------------------------------
Miranda Hitti WebMD Medical News
【7月31日】運動による持久力向上の効果のある錠剤を作ることが可能かもしれないと、科学者らが『Cell』で報告している。

これまでに2つの化合物についてマウスでの実験が行われた。それらの化合物のひとつであるGW1516は、運動したマウスの持久力を高めたが、ほとんど運動しなかったマウスには効果がなかった。もうひとつの化合物であるAICARは全く運動しなかったマウスの持久力を改善した。

それらの化合物はまだヒトでの試験が行われておらず、市販されていない。しかし研究者らはすでに、運動選手の血液と尿に含まれるGW1516とAICARの痕跡のスクリーニングのための薬剤試験に取りかかっている。

2つの化合物について簡単に説明する。

かつて2004年に、Salk生物学研究所およびHoward Hughes医学研究所(カリフォルニア州ラ・ホーヤ)の教授であるRonald M. Evans, PhDをはじめとする研究者らが、PPAR-δという蛋白の活性を増強するようマウスの遺伝子を改変することによってマウスの持久力が向上したと報告した。

次にEvans博士のチームは、遺伝子操作を行わずに同じ結果を得ることに取り組んだ。PPAR-δを増強するGW1516をマウスの口に1カ月間毎日注入した。

1カ月後、マウスは実験開始時よりも68%長い時間、70%長い距離を走ることができたが、それは薬剤の投与期間中、毎日、マウスが歯車を回す運動をした場合に限られた。GW1516は運動しなかったマウスには何の効果ももたらさなかった。

次に科学者らはAMPKという別の蛋白に注目した。運動しないマウスに、AMPKを増強するAICARを1カ月間、毎日注射した。

1カ月後、それらのマウスはAICAR投与開始前よりも23%長い時間、44%長い距離を走ることができた。すなわち、運動しなくても持久力が改善していた。

それらの結果は、AMPKおよびPPAR-δを「トレーニングを増強するため、さらには運動せずに持久力を高めるための、経口投与で有効な薬剤の標的にすることが可能である」ことを示していると、研究者らは述べている。

マウスの実験はすべて骨格筋に関するものであり、薬剤の安全性、または心臓血管の健康を改善することや数種類の癌になりにくくすることのような、運動による他の多くの利点を模倣する能力については検討していない。
[PR]
by giro1965 | 2008-08-14 09:56 | 自転車の医学