シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:タンゴ( 1 )

ピアソラ東京ライブ

5日も自転車に乗らないと、補助輪でもつけないと、自転車にのれないのではないか、と不安になっています。

風邪かインフルエンザかはわかりません。

でも5日間も一歩も外に出ずにすごしました。

おかげで熱はなく、幸い今日は咳と鼻水だけです。明日からは通常にもどる予定です。


さて、インターネット上やMIXI上を放浪していると、ピアソラとミルバの東京ライブのCDが発売になるらしい。
d0133127_21522064.jpg



実はこのライブ、私が大学?年の頃、1学期(私の大学は3学期制だった)の試験が終わった日に、東京の中野サンプラザに行ってみたライブだ。当時は試験が終わったら夏休みだった。勉強漬けだったので、本当に、晴れ晴れした気持ちでこのライブに行った記憶がある。



6月28日の録音された日かどうかは定かではないが、曲もほぼ同じだった気がする。アンコールもロコのバラーダとチェタンゴだった。(プログラムにもあり、アンコールで繰り返されたのも、同じだ・・)

席はだいぶ後ろの方だった。だけど、すばらしかった。




なぜ、当時ピアソラのライブに行ったかというのは、はっきり覚えていない・・・
ソラナスの映画を見たから?多分違う。ウイシュアイアを舞台にした映画は、このライブの後だったから。
父が、いくつかタンゴのCDを持っていたのはたしかだった。しかし、それがピアソラだったかどうかはさだかではない。
あとNHKFMでのライブ公演を聞いたことか、当時は熱心に”エアチェック”していたからかな。
このほかにも、クロノスカルテットとか、ピアソラ関係のライブは学生時代には、行っていた記憶がある。

ただ、やっぱりピアソラの死後、クレーメルやヨーヨーマが、彼の音楽を広めていった。リベルタンゴは、テレビコマーシャルにも使われるようになったし、毎年フィギアスケートでピアソラが流れない年はない。
その後に増幅されて、ピアソラの音楽がいつも耳に入るようになり、かなり記憶が強まったのは間違えない。


だからその後も、機会があれば、
CDを買い、タンゴなどのライブに行き・・・

ダンスも習った・・・

だけど、最近はレッスンにもいかず・・・先生ごめんなさい。

CDはさっそく予約した


01. タンゲディアIII Tanguedia III
02. わが死へのバラード(6時が鳴るとき) Balada para mi muerte (Suonerenno le sei) *
03. ルンファルド Lunfardo
04. 迷子の小鳥たち Los pájaros perdidos *
05. もしもまだ Se potessi ancora *
06. ブエノスアイレスの夏 Verano porteño
07. 孤独の歳月 Années de solitude *
08. ロコへのバラード Balada para un loco *
09. ムムキ Mumuki
10. ミケランジェロ70 Michelángelo 70

CD 2
01. 行こう、ニーナ Vamos, Nina *
02. 忘却(オブリヴィオン) J'oublie (Oblivion) *
03. チェ・タンゴ・チェ Che tango che *
04. アディオス・ノニーノ Adiós Nonino
05. 3001年へのプレリュード Preludio para el año 3001 (Rinascerò) *
06. フィナーレ“ブレヒトとブレルの間で” Finale "Entre Brecht et Brel" *
07. 天使の死 La muerte del ángel
08. ミルバの挨拶 Milva's speech
09. ロコへのバラード(アンコール) Balada para un loco (bis) *
10. チェ・タンゴ・チェ(アンコール) Che tango che (bis) *
[PR]
by giro1965 | 2009-10-18 22:48 | タンゴ