シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:シクロクロス( 87 )

もう最終戦が来てしまいました。でも、去年は「もう」という感じでしたが、今年は前節で総合優勝を決めていたので、むしろ「やっと」最終節という感じです。去年の最終レースの緊張感を思い浮かべると、今回は、まったく緊張していなくって、失敗ばかりというのが本当のところです。

なぜかといいますと、体調不良。木曜日に気分がおかしく、金曜日は発熱、同日ポンポンも発熱、それでも東京出張。もうぼろぼろ。土曜日は家でゆっくり休んで、二人とも熱は下がったので、レースに出ることにしました。

なぜならば、今日はポンポンの初レースだったからです。

でもまずは私のレース。
スタート時、なぜか一番重いギアに入っていて、スタートダッシュできず、10番手ぐらいからのスタート。その後もコケたし、しんどくて踏めないし・・・・それに、今日はなによりも吉中さんが6位以内に入ってもらいたいので、邪魔しないように、吉中さんの後ろで走ることにしていたので・・・などなど言い訳。
結局はキャンバーでこけるし、直線でこけるし、いい走りはまったくできず。
それでもゴールするのは嬉しくって、ミユキさんには、こんな風にかかれてしまってる・・・・
まあ、気分はそんなところでした。
d0133127_1723172.jpg


さて、今日のメインレースは、ポンポン、だけどフミもでたくてしょうがないようでした。フミはストライダーで出場。2人の選手のレースとなりました。ストレートだけのレースでしたが、フミはゴールが終わってもポンポンたちの周回レースについていきたくて、終わったら、ダダをこねてました。


一方ポンポンですが、レースはなんと3周。10分も走っていました。今までは鈴鹿シマノのバンビーノとかだったんで、彼にとってはこれまでになく長いレース。フミがストライダーで走りぬけた距離も、鈴鹿のバンビーノよりは長かった。
レースが終わってから、僕は13位だったけど、お父さんは16位、僕の方が上だね、と、強気でした。途中でコケて、泣きそうになってたくせに・・・(あ、それは私も同じだ)

最後に、ポイントランキングの表彰式。今日のリザルトで、三船さんが、3位にアップ。
その結果、見よ、この豪華な表彰台を、という感じになりました。なんと、私ごときが、元全日本MTBチャンピオンと元全日本シクロクロスチャンピオンの間にいるんです!
決して実力ではないのは素直に認めますが、こんな写真があるだけでも、凄いし、うれしいです。


さて、体調不良ですが、シクロクロスが終わってもう3日も経ちますが、まだなんとなくモヤモヤしています。今日も東京出張で、新幹線の中でこの文章を書いていますが、月曜日から3日間自転車に乗っていません。今週は完全休養です。

と、いっている最中でも、太一君は、ジムに通って肉体改造を図っているようです。巨匠もリベンジを誓っていますし、三船さんに至っては、来年は上位を蹴散らす宣言をしていました・・・・・。

私はというと・・・・体調不良の今のところは、何をやっても効果がないので、完全休養します。10日ぐらい、自転車さわらないほうが、これからのモチベーションのためにはいいかもしれません。だから、2012年のロードの抱負とか、2012-13シクロクロスのことは、その後ゆっくり考えます。

それでも、今年1年、一緒に遊んでくださった皆様、ありがとうございました。
d0133127_16551726.jpg

また来年!
[PR]
by giro1965 | 2012-02-08 16:56 | シクロクロス
この1週間職場ではインフルエンザが猛威を振るっています。そんなインフルエンザをモノともしない、M1の皆様の集団にまじって、今週末もみなと堺グリーン公園にレースに行ってまいりました。先週は風邪をひていて、調子がでなかったけど、今週は風邪もなおって、しかもトレーニングもあんまりしていないものだから、かなりフレッシュな肉体でした。残念なことは太一くんが、もうシーズンオフ宣言してしまったこと。来年の目標ですよ、あなたは!

さて、金曜日の朝に2分のダッシュ6本で練習終了。っていうか筑波に出張などもあって、これしか今週は練習していなかった。来週も鹿児島、そして東京と旅は続きます・・・・

日曜日は子供と一緒に6時に出発。現地には開門7:30に到着。昨日までの雨で芝が重い。マッドはそれほどでもない。砂も去年にくらべると締まっているかんじ。走りやすそうなコース。ただ、90or180度のコーナーが多く、ひとつひとつのコーナリングがレース結果に響くコースでした。こういうところはビンちゃんが強いんですよね。
最初は逆周りで回っていて(アホな私)、反対だよと・・・・・三船さんに指摘され、そのあとは三船さんの後ろをついて2周しラインを盗む。
一番難しいのは東側の根っこのセクションとそこに2つある180度コーナー。最初のは、降りて担いでまがることにした。砂浜は2箇所曲げてあるところは、担ぐ、あとは砂がしまっていて、乗った。
もうひとつの問題は20cmぐらいのステップx2。試走時は最初は乗っていけたけど、次にペースアップしていったときには、ジャックナイフをしてしまい、顔面から着地・・・・・・また高い鼻がへし折られました。

去年は、ビンちゃん、藤井さん、巨匠、そして私、最後に吉中さんを抜いて4位。最終戦に、総合決定戦とする、おもしろいレースでした。

今年は・・・・・ほぼ総合は決まりかけていて、でもできれば最終戦前にもう一度表彰台に乗って、総合優勝宣言をしたい・・・・という日でした。

レースはいつものとおり、三船さんが、先行。いかせてはいけないビンちゃんも先行。3位争いは、丸畑さん、藤井さん、巨匠、吉中さん、私・・・の5名の争い。最初は丸畑さんペース。藤井さんが前に出た林間区間を抜けて私がアタックしたけど、コーナリング間違ってコーステープに進入。5人の後ろからやり直し。
d0133127_12211469.jpg



吉中さんは前にでず、ずーっと後ろからチャンスを狙っていた。2段ステップで乗っていく巨匠と吉中さんが、この区間で前にでる。とくに6周回目は、巨匠がここでアタック。5秒ぐらい前に行くけど、その後約半周して吸収。7周目の同じところで吉中さんアタック。その差5秒をおいつけず・・・・今年もまた4位、2連続表彰台逃しました。
d0133127_12213259.jpg



今日の課題
1.コーナリングが下手
2.ステップを乗って越えないとアタックされてしまう。
3.最初の5分間が弱くなっている。

ゴール後記念撮影。この人たち+藤井さんに苦しめられました。丸畑さん写真ありがとうございます。
d0133127_12215625.jpg



去年は狩猟民族系のレースだとすれば、今年は、三船さんや太一君の参戦があっても、農耕民族系の着実に結果を刈り取るレースをしていた。
できれば最後の1戦ぐらいは、表彰台に乗っかりたい。
ただ、今日の12ポイントで合計162ポイント、2位のビンちゃん123ポイントで、次戦で私が、コースサイドにコタツを持ちこんでM1観戦しても、総合優勝決定です。
[PR]
by giro1965 | 2012-01-23 17:37 | シクロクロス
今回は土曜日マジで体調不良。先週の希望が丘のレース前日の体調不良が9/10とすると5/10ぐらいという不良さ。熱はほとんどないけど、ダルイ。咳がすごい。なので練習はモチ中止。朝太一くんから電話があって、彼のところもお嬢さんと奥様?が体調不良ということでDNSらしい。私もDNSにしたい・・・・けど、なんとなくカテゴリーのリーダーだと休みづらくて、早寝早起きして、無理やりなおそうとした。それでも翌日も少しだるい。
ええい、先週は風邪をひいても勝ったぞ、そんなの、負けたときの言い訳にもならん!と思い、翌朝はちゃんと起きて、現地に向かった。


しかし・・・・実は北神戸は、私には一番合性が会わないコース。これまで一度も表彰第二かかったことがない。 去年もこんな感じだったし。http://radfahrer.exblog.jp/12540182



朝、来ると三船さん、もう試走していた。私もさっそく試走。斜面の登りは、最初は登れなかったけど、ラインを見直すと、アウターでも登れるようになったけど、前がつまっていたら、登れずにむしろタイムロスが大きい。しかし、問題は下り。くねくねと下っていくのに、ビビリの私はここが一番きらいです。

スタート前には三船さんにヘルメットの紐が弛んでると指摘された。勝って兜の緒を締めよ、とはいうが、それが出来ていないのは、今日はスタート時から負けていたような気がする。

さて、スタート、今日はスタートがダメで、どうもしんどい。いつもより少し後ろで展開。そのあと、いろんなところでつっかかり、特に劇坂では、前の人が登れないのに、同じところに乗車でつっこんで撃沈。試走の時におそれていたことが、実際に起きた。砂利の登りでも躓いたり・・・・いいことは無かった。

その他レース中前川さんや、泥本さんののラインをふさいだり、あまりマナーが良い走りが出来なかった。申し訳ありません。
d0133127_20344571.jpg


最終周回までは5-6位なのに、その後抜かれて9位。あーあ。今期初めて関西シクロクロスで表彰台に乗れなかった。北神戸苦手+体調が悪いのは、言い訳ですが、こんなのでは、あと2戦も思いやられる。これを書いている月曜日も、体調不良が続いておりまして、また休養したい、なんて弱気になっている。

終わったあと、またビンちゃんにギア比について講義をしてもらう。本当にいい奴だ。ただ、ビンちゃんと三船さんはギア比に関しては、まったく違う考え方を持っているよなあ。その二人が今日の1位と2位だった。最適ギアについては、これから勉強することが多いな。

今日の課題。
1)下りのキャンバー下手糞なのをなんとかしたい。いい斜面は通勤途中にもある。そこで鍛えるぞ(来シーズンへの課題)
2)劇坂の最適ギア比についてもう一度考えてみたい。
3)風邪ひいても普通に走れるようになりたい。

ところで、関西シクロクロスの総合成績ですが、上記のような不甲斐無い走りっぷりにもかかわらず、先週の優勝が効いてきました。現在150ポイントで、2位ビンちゃん(今日は2位でした)との差が47ポイント、3位の吉中さんとは53ポイント。1位28ポイント、2位20ポイント・・・・・・
ということは、ほぼ総合優勝は・・・・・・
あーあ、そういう計算をしてしまう自分が情けない。あと2戦、しっかり戦って、表彰台の上から、勝利宣言をしてやる!

今、調べてみたら、3年前の北神戸、当時の目標は10位以内で、それも達成できていなかった。目標未達成、関西クロスin北神戸

今、このビデオを見るととても恥ずかしい。当時はMTBで走っていたが、当時と今とは、違う人が乗っているみたいだ。
[PR]
by giro1965 | 2012-01-16 17:03 | シクロクロス
年末から正月にかけて、練習は、チェーンが切れたり、パンクしたり、あるいはブレーキシューがふっとんだりして満足できる強度には達していなかった。

前日夜中太一くんからメールがあって、子供が熱を出して出れないとのこと。三船さんもブルべだし、安心したいところだけど、私も2-3日前から風邪をひいて、熱っぽいし、寝汗はかくし、声はかれるし、咳は痰交じりで金曜日から土曜日は体を温めていた。もちろん練習どころではない。

日曜日の朝、両大腿の筋の緊張がまったくなくって、こんなのはシクロクロスシーズン前以来。風邪はまだ咳が残っていたけど、熱っぽさはないから、行くことにした。
7時20分ぐらいに到着。ドライだという噂だったので、通常のタイヤを準備。駐車場から、スタートまで遠いので、スペアバイクと、リュックに入れた着替えを全部準備して移動した。ピットにバイクをおいて試走前にポカリを飲もうと、ボトルの入り口を歯でひっぱろうとしたら、刺歯が抜けてしまい、気分はすっかりおじいさんっぽくなって、ブルー。
さらに、最初の階段の横で躓いて、それから、グランドわきのシングルが乗れなくて、その後のシングルの下りも、スピードを殺さないと怖かったし、さらには砂場も乗れなくて・・・・・あー、最悪という気分だった。


2周目は、出来なかったセクションをやり直しつつ乗って言った。グランド脇の最初のキャンバーはあきらめ、次のセクションは何度か乗れることを確認。でも、フロントはマッド用の方が安心感があるので、あとで車に戻ってホイールを交換した。

問題は砂場。3回やって2回失敗。外側を回ればいけるけど、タイムロスも多そうだ。
下りのジープロードセクションは最初は大きなギアで踏むけど、スピードがかなり出る。
踏みどころは、スタートセクションの平面と、比較的長いシングルの登りかな、という感じ。

9時スタート。巳浪師匠は、エンド曲げたとかで、DNS、あーもったいない。師匠はここで勝ってM1にあがっていたから、得意なコースのハズなのに。スタートは巨匠と丸畑さんが、先行していたかな。まわりには藤井君、吉中さん。

スタート後1回目の階段
d0133127_14574020.jpg



ビンちゃんは遅れている様子。去年はビンちゃんが勝ったから、マークする相手はビンちゃんかと思っていたけど、いない。

今日は体調が悪いので、はじめから先頭にはでなくて、丸畑さんや巨匠をマークしようと思っていた。

階段が終わって、最初のシングルのところで、丸畑さんと私だけが先頭。あとはシングルで躓いた人がいたようで、遅れていた。とにかく、ついていく。砂場は成功と失敗5分5分だった。

2周までは丸畑さんが先行。後ろはちょっと離れて巨匠と吉中さん。3周目の途中で前にでて、少しずつ間を離そうとしたけど、グランド横のシングルで失敗したり、砂場で失敗したり、内容は良くない。そこを取り戻そうと、シングルの登り、下りの最初の部分、そしてスタートセクションの平坦でフミまくる。

階段セクション
d0133127_1371080.jpg


ここは野寺監督は、乗車で越えていく・・・・


差は15秒ぐらいまで開いて、最終周回まで、おちついていこう・・・・とおもったら、まず階段部分でチェーンおち、差は5秒ぐらいまで縮まってしまう。

そこで慌てた私、砂場セクションで、またもやチェーン落ち、追い抜かれてしまう。差は数秒。シングルの登りで追い付いて、ジープロード下りではすぐ後ろについて、ストレートでは、丸畑さんの真後ろにつける。橋を渡る前ぐらいから、スプリント・・・・

d0133127_915417.jpg

(写真はシクロワイヤードから、高木さんありがとうございます)

今年はじめてスプリントで勝っちゃいました。しかし、内容はダメダメでした。しかし、今回の三船さんと太一くんの欠席は大きかった。二連覇まであと3戦、頑張ります。

ただ来週は北神戸、また憂鬱な難しいコースが待っています。
[PR]
by giro1965 | 2012-01-09 13:21 | シクロクロス
今年のクリスマスシクロクロスは、奈良、しかも我が家からわずか車で5分、自転車でも10分ぐらいのくろんど池で開催されることになった。これは、もう、頑張るしかない。

金曜日は家族サービスで大掃除。その後は巨匠プロデュースの関西クロス忘年会。いつもありがとう。

土曜日は妻が歯科受診。設営手伝いに行きたいのですが、子供の面倒をみていて、午後から出発。設営の皆様ご苦労さまでした。

最初はポンポンを引き連れて池の周りを3-4周しました。ポンポンにとって、シクロクロスのコース(シングル以外)をちゃんと走るのは初めての経験。池の西端の軽い登りも、まだ彼は登れませんでしたが、これができるようになったら、シクロクロスのレースには出れるよ、と励ましておきました。

一度ぽんぽんと、家に帰って、こんどは一人で試走。
階段のセクションの下りはやっぱり怖い。一度は崖下におちそうになった。
本当は三船スクールに参加したかったけど、もう40名ぐらいいらっしゃっているということで遠慮して、ライバルと一緒に試走。まずは丸畑さんをみつけて・・・・やっぱり速いよ。このお方。

これから私はさらに苦しむことでしょう。その後は、明日初シクロクロスレースの、シルクロードの仲間たち、塚さん、能勢君、そしてタニーナと一緒に楽しく試走して、切り上げました。

さて、日曜日、今日は朝はレース。その後はM1の練習仲間を数人家に呼んでいて、一緒に楽しく過ごすという企画。

レースはいつものとおり9時スタート。
ちなみに私は左から3人目のサンタクロース。横は太一くんと吉中さん。右はしはLowe師匠のサンタ。巨匠のニョロニョロも、サンタになっていた。
d0133127_14135332.jpg


太一があっという間に先行、そして最初は巨匠、丸畑さんと一緒。2週目後半に三船さんに抜かれ、そして丸畑さんにぬかれ、4位でしばらく走る。3週目丸畑さんピット入り。その後は5秒後ろの巨匠に慄きながら、周回を重ねる。試走のおかげで、シングルで追いつかれずにすむ。階段の下りはやっぱり怖い。何度かラインを間違えて、怖い眼に遭った。アナウンスを聞きながら、何とか3位を守る走りをした。これで、これまで関西クロス6戦は全部表彰台に乗れた。次回も頑張ろう。しかし、太一君つよいぞ。これからの目標は太一君だ。
d0133127_1426289.jpg


終わってから、三船さんにライン取りのレクチャーを受けた。来年はこの人に弟子入りして、太一くんをやっつけるんだ!特にシングルでのラインどり。コースを広く使ってベストを探す考えたかた・・・これを吸収したい。それ以外には、太一くんが強い最初の5分のラップをもっとあげる。でも今回は25秒もラップが違う・・・・何とか追いつきたい。

その後カテ1観戦+応援。
今日がブリッツェンジャージの最後のレースになる善光くんや、周回ごとに順位をあげてくるコワケン、そして二足歩行が苦手というB定食さんらの熱い走りに感動した。

さて、終了後は、我が家でM1仲間らが集っていた。まずは藤井さんご一家。もともと子連れクロス参戦者+お世話になっている方々企画。たくさん寄ってくださいました。
めったにご家族におめにかかれないB定食一家もいらっしゃいました。
太一君も参戦。チキンを裁いてくださいました。しかし、君、トレーニングしすぎです。追いつきませんこのままでは!
d0133127_14141653.jpg


そうそう、黒い帽子の忘れ物がありました。どなた様のでしょうか?
[PR]
by giro1965 | 2011-12-26 14:26 | シクロクロス
先週は、美山での楽しい忘年会があったり、楽しいばかりで仕事がやや滞っているのが心配。
土曜日は妻の体調が悪く、子供二人を連れてヤマハ音楽教室にいって、食事を食べさせて、寝かせる。それでも翌朝のレースに送り出してくれる妻には感謝の言葉しか思い浮かばない。しかも、日曜日は、ママ友たちと我が家でパーティー、レースに行かせてくれて本当にありがとう。

5時30分発。途中、同業の大○先生とご一緒する。大○先生は、鈴鹿や沖縄でもいい成績の強豪です。昨年の最終戦で昇格して、シクロクロス一緒に走るのは今日が始めて。今年の、とある、ヒルクライムではとっても強い印象があった。


レース会場につくと、氷点下なのか、池は凍っている。今日から太一君が参戦してくるので、緊張。試走の時に三船さんの後ろをついて、ライン取りが私とぜんぜん違うのを見て愕然としている。去年までは2連勝のこのコースだけれど、今年はどうなるか、ぜんぜん予想できない。

バイクピット2つあるので、遠いほうにはホイールを、近くには台車を置く事にした。砂利が増えているような感じ、それと去年よりは凸凹が多いかな?しかしシケインもなく、全体的にはいつものとおりのスピードコース。試走では、劇坂は登れるんだけど、この2年間はいずれも、担いで超えたので、今日も担いでのぼることにする・・・・しかしこれがミスだったのは後で気づいた。

d0133127_1319887.jpg


9時スタート。コースはこんな感じ。




予想通り、筧さんと三船さんが先行。その後には私、巨匠、丸畑さん、それに藤井さん、後からすぐにビンちゃんあたりが近くにいた。2周目ごろ、三船さんが降りてきて、しばらく前を走ってくださる・・・・なんて素晴らしいライン取りだろう・・・といくつかを後半まねをする。筧さんとは15秒差・・・・これまでになく近いぞ・・・でもビンちゃんと丸畑さん、巨匠などと抜きぬかれつ・・・4周目には、ビンちゃんと二人になった。ところが、このあたりから眼に異変が・・・なんだか前がくもって、焦点が合わない。


サングラスのせいかなと思って、外してみたけど、やっぱりオカシイ。だから下りがものすごく怖い・・・・言い訳のように聞こえるかもしれませんが、何度も眼を開け閉めして、焦点をあわせようと 努力してました。登りはあんまり気にならなかったけど、ハイスピードの下り、特に、後半の劇坂の前とか、劇坂を越えた後のカーブとかが怖かった。

ちなみに視力は、レース後、すぐに回復しました。レース後に左右の瞳孔の大きさを見てもらったけど、特に散大しているわけではなかった。だけど、視力は、眼底検査の時の瞳孔を開く薬を使ったときのような見え方。大○先生は、寒さで、角膜浮腫が起こったのでは?という説。いまでもこの原因は不明のままです。だれかご存知のかたは教えてください。

んで、その後は、2週間前の由良川を思い出させる、ビンちゃんとの熾烈な2位争い。太一君はずーっと私たち二人の15秒ぐらい前。登りで私が前にでて、下りでおいつかれ、さらには、担ぎのところで追い抜かれ・・・・の繰り返しでした。

来年からは、乗っていこうと思いましたよ。最後は登りでの二人のスプリント・・・ところが、私のペダルがはずれ、から回しをしてしまい・・・負けました。終わったあとは言葉が出ないほどでした。それにグローブをしていても、手先が寒かった。これから残りの試合、もっと暖かいグローブをした方がいいかも。

d0133127_13184269.jpg


これがクランクブラザーズのペダルでは時々あるなあ。クリートのつけ方、回し方の問題もあるのかもしれない。

今回の課題
1.視力低下の原因はなんだったのか?
2.ライン取りの下手さ
3.ペダルが外れた問題。

レースが終了してから、ライン取りやら、眼の問題などで三船さんから貴重なアドバイスを頂いた、これからは太一君と、少なくとも展開があるレースができるようにがんばっていこう。
[PR]
by giro1965 | 2011-12-19 13:20 | シクロクロス
先週の由良川で優勝したのをいいことに、この調子で・・・・と思っていたんだけど、翌日の月曜日から疲労感が凄まじかった。

毎日通勤中、ちょっとギアをかけることを試してみたけど、5分も20分もいずれもダメで、多分オーバーワーク。体調を取り戻そうと金曜、土曜と自転車に触らずにいた。土曜日は子供のピアノ教室のあと、家族でマキノ高原にむけて出発。皆既月食は、良く見えたけど、瞬間だけ見て、熟睡。


翌朝は6時起床。3周ほど試走してジュニアのレースを待つ。
やっぱり時君が優勝。

さて、マスター。スタートグリッドでは56君が、太一のバイクを抱えて待っていました。その間も太一君はウオームアップ。私はスタートダッシュを数本して体を冷やさないように。
レースはスタートから5人ぐらいが専攻する展開。ここについていければ・・・と思っていたら、三船さん、中川さんそして太一君がかなり速い。ここについていけなかったので、次のパックに入って我慢。そしたら途中で太一くんが落ちてきた・・・・何かトラブル?

私はというと、なぜか踏めない。20分ごろから小泉さん、丸畑さん、そして巨匠に次々と追い抜かれてしまった。あとで心拍やパワーを見直してみても、情けないレース展開。
d0133127_11134029.jpg


太一くんはタイヤをはずしていたらしい。そういえば、私も2年前ココでやったな、それと去年の由良川で。とても悔しそう。

野辺山に続いて、しかし、それ以上に今期で一番大事なレースなのに、一番ダメなレースをしてしまった。
そのあと、筧兄弟と一緒。「何が関西マスターチャンピオンじゃ、下手すぎるじゃ」と太一と56の兄弟に説教される。練習方法の指導も受けた。
あー、くやしい。というか、1年間この日に向けてきたんじゃないのか。何をやってしまったのか・・・・
さっそく、これからテクニックの向上のための特訓を受けたいと思った。

50台は、吉中さん優勝。おめでとうございます。オックンも2番。我が練習仲間が強いのは幸せである。

しかし、レースは竹之内君と辻浦君のデッドヒートが見事。ゴールと同時に花火も上がって最高の盛り上がりでした。

その後の竹ノ内君の優勝のスピーチが「チャンピオンの背中がどっからでもかかって来いといっているような気がして・・・」素晴らしい。チャンピオンも、十連勝を阻まれたが、「これまでも1試合1試合が厳しい戦いで、すべてがその連続だった」

そのとおりだと思う。今年度の関西シクロクロス、あと6戦も残っている。1試合1試合がすべて大事で、その連続なんだよ。

ところで、今日は9時から、私の大学の同級が原作を書いたテレビドラマ「看取りの医者」が放映されます。原作もすばらしかった。テレビでもぜひ見てください。
[PR]
by giro1965 | 2011-12-12 11:16 | シクロクロス
今日はシクロクロスのレースだけでなくて、その後は琵琶湖ホールにオペラに行くという無謀な計画の1日。
前日土曜日は家族で梅田のWeihnachtsmarktに遊びに行く。グリューワインとか、ソーセージとか、大道芸人やらを楽しんだ。練習はなし。

小澤さんがとった2重の虹。真ん中のライダーは、シクロワイヤードでいつも写真を撮ってくれる辻啓さん
d0133127_10521865.jpg



日曜日は4時半に起床。家族とともに6時前に出発。福知山は遠い。2時間はたっぷりかかる。来る途中も雨が降ったりやんだり。虹も出たり消えたり。着いたら、昨日の雨と合わせて、コースは泥だらけ。平坦+泥+ドリフ坂のコース。去年はドリフ坂でタイヤを外し、なんとか完走できただけ。泥がなければ、パワー系のコースなんだけど、泥の坂と泥コーナーは苦手。私は、ホイールのクイックレリースがおかしく、修理した都合で試走は2周で終了し、いったんバイクを洗っておいた。




三船さんにどれだけ追い付けるかが、今日の課題だ。
最初はストレート。後方スタートの三船さんは一回坂をおりて、駆けあがったところでもう追い付いてきて・・・・その後は先行する。
写真は辻啓さんから
d0133127_15434336.jpg

d0133127_15441732.jpg

しばらくラインを追いかけて、ライン取りを盗もうとしたけど、それもすぐ駄目になってしまった。その後に続くのは、ビンちゃん、丸畑さん、そして私の3人に絞られつつあった。下りやコーナリングでミスコントロールをして、3人の後ろになってしまった。ストレートで追い付く。後半のストレートは泥が重くて、インとアウトと走って見るけど、どちらもラインも同じぐらい重いので、アウト一本と決めた。泥で重くなってきてピットでバイク交換も考えたけど、3人がほぼパックなので、諦めてそのまま走った。こういうときも、交換した方がいい場合があるに違いないけれど。

スタート 写真はシクロワイヤード辻啓さんから

1周目、三船さんが先行


2周目の後半、三船さんが何故かペースダウン。3人で抜くけど付いてこない。何かあったのか?


3周目ぐらいから丸畑さんが遅れて、ビンちゃんと二人に。コーナリングや下りで抜かれ、その後追い付く。ビンちゃんに先行されると怖いので、追いついたら、すぐに前に出て踏む。後ろについた方が楽だけど、シクロクロスでは後ろについて走っていても勝てない。

しばらくビンちゃんと抜きつぬかれつ・・・

5周のレースの4周目の後半で頑張ってすこし間をあけて、それをキープしてゴール。
今日は勝てるとは思わなかっただけに、嬉しい一勝。

レースが終わって、私が下りが下手なのを見かねたビンちゃんから、下りのコツのレクを受けました。ありがとうございました。先週に続き、敵に塩をおくるあっぱれなM1戦士です。

ところが今日の敵は泥。

私もバイクも泥まみれ

子供はもちろん泥まみれ。その子を抱いた妻の・白い・ダウンジャケットも泥まみれ。レース中の私はドリフ坂で転んで泥まみれ・・・・「一体だれが洗うのよ」といったヤジも聞こえたような・・・・・バイクだけは何とか洗って、急いで着替えて、今度は琵琶湖ホールに向かった。途中、泥ウェアからスーツに、高速のパーキングで、食事もゆっくりとる暇はなく、パーキングでかったお好み焼きなど。なぜかというと、子供たちが泥だらけになったので、大津で服を買わないと、劇場のベビーシッターにはとても預けられないからでした。

さて、なんとか2時開演に間に合った。今日はドンジョバンニ。これが演出が最高に面白く、オケも歌手も良くって、この前のバカ高い、ボローニャオペラ座以上でしたよ。とにかく良かったです。まず何よりも演出にブラボーだったね。ドンジョバンニをヒーローに仕立てており、すべてが良質なコメディーに仕上がっていた。

写真はあとでね。
[PR]
by GIRO1965 | 2011-12-04 22:08 | シクロクロス
金曜日の夜にバイクや荷物をすべて詰めこんで、土曜日は早朝5時起床。子供たちは眠ったまま車に乗せて出発。途中2時間毎に休憩を入れつつ、6時間かけて、昼過ぎに野辺山滝沢牧場に到着した。恵那をすぎて富士山もきれいに見えた。
しかしなんて遠いんだ滝沢牧場。

着いてからすぐに、昼飯。といってもうどんなど。それから小坂親子がするスクールがあるというので、親子3人で参加。最初はシケインの練習。先週からシケイン駄目だしされているので、参加した。ポンポンも一生懸命シケインを超えようとするが、彼の体格にはあの自転車は重すぎる。一方それを見ていたフミもストライダーを小脇に担ぎだした。フミは1歳9ヶ月。最近ストライダーに乗り出したばっかりだけど、芝生を勢いよく駆け下りる。カメラマンからも注目されて写真を一杯とられていた。

一方私は・・・ここで挽回・・・と思ったけどシケインはヤッパリ下手糞で、小坂親父からも駄目だしされる・・・ぐすん。

その後光君について数週。その後一人で数週・・・・なんてテクニカルの私向けではないコースなんだろう・・・・

まずはストレート。ここはいいとして、その後牧場の建物の裏側に回って泥・・・・多分当日は乗れないだろうな。しかしここで私のリドレーのエンドが折れてしまった。何もしていないのに・・・・ぐすん。

仕方ないのでデローザに乗り換え。ジェットコースターのようなバンクがあるセクション。ここは太一君やビンちゃん、巨匠が早そう。シケイン、そして段差、もう一回裏に回って、段差セクション。

ここでは、顔から突っ込んで、先週のレースで高くなっていた鼻っぷしを折られてしまった。痛かったし、鼻に傷跡がついてしまった。(その部分は、みんなつっこんで転倒していたので、コースは変更された)。そして立体交差。

その後の段差でまた転倒して、顔からつっこんだ。鼻持ちならないヤツとみなされて、コテンパにされた。

うーん、やっぱり明日のレースは私の出る幕はないだろうな、と気持ちがどんどん萎縮していく。いちよう目標を表彰台に定める。

こういう日は、あんまり練習してもいいことも無さそうなので、泥セクションで傷めつけたバイクを洗う。
巨匠がリドレーに乗っているので、ひょっとしてエンドありますか?と聞くと、あるという。敵に塩を送る見事な武田信玄巨匠様ありがとうございます。さすが信州のレースです。
宿は森のふぁみりいというペンション。おもちゃが沢山あって子供達は満足。私たちも夕食を頂いて、早めに眠りました。

さて、翌朝は6時起床。7時朝食その後滝沢牧場に向かった。朝は寒い。昨日の泥の区間は今朝は凍っているはずだ。
まずはピットに予備バイクを運んで試走。今日は試走しながら、泥を味わう。しかもすぐに車輪とブレーキの間にスタックしてしまうので、その後の走りにも影響しそう。だから、担いだ方がはやそう。

それから、昨日顔をつっこんだ2箇所。最初の段差は、あまりにも危険ということで、コースが変わっていた。でも混んでいたら走り抜けよう。2つ目の段差はなんとか抜けられそう。そしてもう一箇所、エスキナのコーナーは、上のアスファルトでこけそうになったので、担ぐと決めた。ターマックを2本つっぱしって心拍を上げて、予習は終了。第一レースの泥区間を除いて、集合場所に移動した。

昨日の感覚から、今日は太一が勝つんだろうな、そしてビンちゃん、巨匠がいくはずだと思っていた。

なんとか最前列にならんだ。C3の1分後によーいドン。今日はピストルじゃなかった・・・・
シクロワイヤードの辻啓さんの写真
d0133127_13182765.jpg


最初から太一とビンちゃんがいく。5人ぐらいが団子で泥区間に入る。そこにはまだ1分前にスターとしたC3がたむろしていたので私は途中からかけっこ。なんとか3-4番目ぐらいに泥を抜け出せた。ジェットコースターのコーナーなどでは、後ろから来た方においつかれ、また平地で抜き返す・・・・の繰り返し。
前にいるのはビンちゃんと太一か?3番手ぐらい?ターマックと泥の駆け足をうまくつかって中盤3番手に「いたはず」だった。

ところが途中から、なんと、元MTBチャンピオンの竹谷選手がマスターで走っていて、しかも私の前にいるらしい。がらぱさんも気づいていなかったらしい。 ということは4番手。幸い、昨日塩を送ってくれた巨匠より前にはいたが・・・・・途中から太一がC3先頭も追い抜いて総合トップに。2番竹谷選手、3番ビンちゃん・・・・声援からはビンちゃん近いよ、抜けるよ・・・といわれるが、その姿はどこにも見えず、むしろ後ろから追いついてきた選手に気を取られてそのまま4番でゴール。5戦目にして今期シクロクロスで表彰台を初めて逃してしまった。
http://www.takeyakenji.com/tk-blog.html

今日の敗因・・・ビンちゃんはスタートで行かれたら、ぜったいに着いていかなければ負けます。それと私のコーナリングの下手さがもろに結果に出ました。パイロン置いて練習しよう。

その後はキッズレース。
ぽんぽんとフミが両方ともエントリー。健太は大きなおにいちゃんに最後に抜かれたけど、よくがんばったよ。終わってから、おやつばっかり食べていないで、ちゃんとお魚やお野菜を食べると大きくなるよ、と母に言われた彼は、ご褒美にいただいたマーブルチョコを我慢していた・・・なんて健気なんだ。


一方フミは1歳9ヶ月の初レースを一人で最後まで走りきった。親なしで・・・その後チョコを全部平らげていた。
d0133127_13192236.jpg

さて、自転車を洗って次はシングルスピード。これは変装レースで、へんなかっこうの人がたくさん。目立ったのはスクール水着・・・・と サンタさん。
d0133127_132033.jpg

サンタさんは子供がいると止まってプレゼントを配ってくれたのだった。私は地味にカエルの被り物。ギアは48x20でいったけど、ちょうど良かった。(電動シフトの、バッテリーを外しました)。
スクール水着はシケインの後1回転して、こけて抜かれていました。その後サンタに、プレゼントをもらう子供たち。

途中2回転倒して、順位は・・・・もうどうでもいいや・・・・という感じで完走しました。


d0133127_1319820.jpg


その後はUCIカテゴリー1のレース。ツジウラと竹之内の抜きつぬかれつのデッドヒートを、食堂の中から観戦。最後は悠ちゃんが勝った。新世代の誕生の瞬間か?2週後の全日本選手権が楽しみだ。そのほかは、最後尾から頑張った時くんに拍手だ。

C1レース終了後すぐに出発。それでも途中休憩を入れて、家についたのは22時過ぎでした。
野辺山がもっと近かったらいいのに。

写真は後ほどアップロードします。
[PR]
by giro1965 | 2011-11-28 11:10 | シクロクロス
このところ表彰台のてっぺんから遠ざかっている。しかし今日はマイアミ浜のレース。2年前はM1昇格後の初レースで優勝できたところ。去年はマスターの全日本選手権で3位と悔しい思いをしたところ。

自転車を担いで走ることを想定して出張中の金曜日の朝はジョギング。土曜日は雨で練習はパス。
そして今日。家族もみんなで応援に来てくれた。5時45分発、7時20分着。準備をして、まずはランで一周。

その後、ウエアの準備をして、軽く2周試走。

試走の時に、雨が降った後だから、砂は楽だろう・・・・なんて考えていた私はアホ。砂は水をあっという間に吸って、元の砂に戻っている。なので、やっぱり深いところはラン決定。その他の砂のセクションも、ランとライドの区別を決めていった。
d0133127_6443315.jpg


いつもは砂にくるしむコースだけれど、前日の大雨のせいで今年は砂だけではなくて、泥にも苦しむコースになっていた。泥のセクションも一部は降りた方が早い。
しかし、前日の大雨の中、設営してくださった皆様には本当に感謝です。


今日はがらぱさんがMCに復帰で、盛り上がる。スタートは巨匠先行。
d0133127_10563886.jpg

1周目はショートループだけど、砂浜から前に出て走る。砂浜の後半のセクションだけ、乗る。その後も短い砂場があり、コーナーは、乗ると沈んで進まないので、やっぱり飛び降りて走る。1周8-9分だけど、そのうち2-3分は走っている感じ。あとでメーターで確認しよう。

しばらくは丸畑さん、藤井さん、そして吉中さん、そしてスクアドラジャージの方が先行していた。

1周目が終わり、ストレートセクションで前に出る。向かい風が強い。松林区間で追い越された丸畑さんの後ろにいると楽だけど、前にいかないと勝てないのがシクロクロスのレース。なのでクランクを過ぎたら追い抜いて先頭で砂浜へ。それから少しずつ間隔を広げていく作戦。
しかし2周目の松林で、コーステープの流れがよく分からず、コースアウト。
その間に丸畑さんに追い抜かれてしまい、振り出しに戻った。
こういうときのためにも3Dメガネが必要だと感じた。
また、ストレートで頑張って、先頭にもどり、もう一度ランセクションで頑張る。次第に藤井さんが近づいてきていた。

砂浜の乗車中。これはプロカメラマンの辻啓さんのフォト。
d0133127_1055071.jpg

コントラストがすばらしい。それに背景。さらには、辻カメラマンの影も・・・すごいいい写真です。

だけど実際は
d0133127_10555757.jpg

ほとんど担いでいます。後ろから丸畑さんおっかけてきて怖い。

次の周回は、私ー丸畑さんー藤井さんの順。砂のランは、だんだん遅れてくるのでいつ追い付かれるか気が気でない。その分ストレートで踏んで挽回する。そうこうしているうちに差が少しずつ広がってくる?と思ったけどだいたい10秒前後の差は変わらず。


終わってから、GIROさん、シケインへたね・・・・あんなんで勝たれたらちょっと恥ずかしいよ・・・と言われてしまった。うん、下手です、もっと精進します。

C2では松井さんがC1復帰。最高齢C1 53才ですよ。すごい。前日は雨の中、河川敷の砂浜で練習していたらしい。
かなもも検討。

C1のトップ8名は別格。50名ぐらいでスタートして、UCIレースなのでトップの80%のラップ以下だと、降車させられ、残ったのは8名だけ。辻浦選手は砂の上では別格でした。竹ノ内君も見事です。
小坂父と、時くんの意地の張り合いもおもしろかったぞ。

それと、前川さん、M1復帰おめでとうございます。練習仲間のEuro浅井くんは、競合の復帰に阻まれ昇進を惜しくも逃してしまって残念。

家にかえってから、久しぶりの勝利のステーキをいただきました。(勝たないと食べさせてもらえない・・・・というわけではありませんからね)
d0133127_6432112.jpg


他の写真はあとでのせましょう。
[PR]
by giro1965 | 2011-11-21 06:56 | シクロクロス