シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:グルメ( 15 )

また行きたい美山荘

なんていったて、今年いただいたお食事の中でのNo1は、ここ、美山荘。また来たいので、その思いをレポートします。

d0133127_16233485.jpg


毎年、一緒に仕事をさせていただいている諸先輩方と忘年会に参加させていただいています。中には超グルメの方もおり、今年は、ここでしたい・・・というところがみんなすごいところです。今年も、いくつかの選択肢があったのですが、多数決で美山荘となり、そのあと、美山荘の開いている日を探すと、この日しかなくて、そこで決定。

12月中旬だというのにとても暖かい生駒から、木津川自転車道、途中から桂川河川敷を走って、鴨川にぬけて、宝ヶ池の住宅街の劇坂をぬけて・・・・鞍馬にくると、寒くなってきました。そこからは花背峠の登りです。斜度はありませんが、長かったです。

ゆっくり走っても登りは汗を掻きますが、途中でパンクして修理をすると、掻いた汗が体をさらに冷やしてつらかった。その後峠の上の方は雪が路肩にあり、さらに寒々としてきました。

シクロクロスな自転車で、フロントにはミシュランのマッド30なので、ちょっとした雪は大丈夫ですが、後ろはスリックなので、凍結はやっぱり怖い状態でした。幸い16時ぐらいには峠の下りとなり、このままだと多分暗くなるまでには美山荘には着きそう。

d0133127_16243499.jpg

美山荘といっても、ここは美山ではなくて京都市左京区なんですね。ちょっといけば滋賀県です。

下りで、大阪ナンバーの車にのった先輩に追い越されました。
さて花背の集落を抜け、しばらく美しく夕日に照らされる川沿いを進むと、途中犬の散歩をしていたきれいな女性の方が「おつかれさまです、美山荘すぐそこです」とお声をかけてくださいました。多分女将さんなのでしょう。多分、一人へんなのが自転車で行くということを宿の人に知らせていたのでしょうね。
あとで調べたら、これは桂川の源流のひとつなんですね。

やどにつくと、「寒かったでしょう」と部屋に通されます。そしてお茶の後トチ餅のぜんざいを頂きました。食事の前にぜんざい・・・と思うかもしれませんが、花背峠を登ってきた私にとっては、最高の前菜、暖まりました。あとで知ったのですが、これが「美味しんぼ」に出てくるんですね。

その後お風呂に入りました。このお風呂が身長170cmの私が寝そべっても、腹ばいになってもちょうどいい大きさ。桂川の支流を眺めながら気持ちよく入りました。

d0133127_16275359.jpg


そして出てからいただいたのが、生姜湯。お風呂で暖まったあとに、さらにこれで温まりました。

d0133127_16281832.jpg



さて、食事です。
さきほど、犬の散歩をされていた方がやっぱり若女将でした。
ちなみに、これまでママチャリで花背峠を越えて、美山荘までいらっしゃった方がいたそうです。
ぎんなんを甘みのある味噌を併せた料理。丹波のお酒と一緒。これがもう忘れられないぐらい。ぎんなんはひとつひとつが大きくて、くさみがまったくない。あく抜きに時間をかけているのでしょうか、すばらしいものでした。

d0133127_16283539.jpg

次はいわな、そしてえび芋の白味噌仕立て
d0133127_16293483.jpg



そして八寸
d0133127_16295661.jpg


びわ湖の鱒寿司
d0133127_16301159.jpg


自然薯の蒸し物
d0133127_16285810.jpg



さらには猪肉二種類(写真なし)、これは肉食系の私としてはありがたかったです。そしてごはん、おかわりしました。さらにはデザート。

ふう、美味しかった。

夜は川のせせらぎを聞きながら熟睡
d0133127_16315878.jpg



翌朝、ちょっと早起きして雪がふったばかりの八丁平に向かいました。
d0133127_16344480.jpg

ここは以前、蛭クライムツアーできたことがあります。もう4年も前のことなんですけどね。来年は久しぶりに行きたいなあ。 


とちゅう驚いたフクロウが飛び立つぐらいで、以外に動物はいませんでした。

そして朝食をいただきました。
d0133127_16351079.jpg


帰りは先輩の車に自転車を乗せて帰りました。

宿には心拍計を忘れてきました。あとで電話がかかってきて、黒いベルトのようなものが・・・と、何だと思われたんでしょうかね。
[PR]
by giro1965 | 2011-12-21 16:38 | グルメ

アレンテージョのワイン

ポルトガルの農地は荒れて見える。去年Evoraからスペインに自転車でいったときも、途中は砂漠のようだったし、
今回Bejaの近くのワイナリーに行ったときも、葡萄やオリーブを植えているところ以外は、牛や羊が牧草を食べているところ以外は、農地は放棄されているように見えた。


今回行ったワイナリーMalhadinha Novaには、これができる前後の写真が飾ってあった。ワイナリーが1998年にできる前は廃墟同然だったんだ。でもこれがポルトガル南部のイメージ、かなり廃墟同然。

d0133127_13482772.jpg


途中葡萄畑とオリーブ畑が時々見える。映画ゴッドファーザーのマイケル・コルレオーネが徘徊したシチリアの村と同じような雰囲気だ。コルレオーネファミリーが、オリーブオイルの輸入会社を装っていたというのはよく理解できる。オリーブとワインは、それなりに利益率が高い産業なんだろうな。

ところでこのワイナリーがある近くのBejaはジュリアス・シーザーがイベリア半島にいたころに基地にしていた町。ということは、当時は小麦の産地だったんだろうなあ。

このワイナリーがつくるワインはみんなかわいい。本当はロゼが一番なんだけど、取り扱いがないみたい。
Monte da Peceguina
d0133127_1423752.jpg



さっそく楽天で注文しちゃいました。


最後の夕食もアレンテージョのワインで。

d0133127_1426184.jpg


さあ、そろそろ着替えて、空港にいかなくっちゃ。
[PR]
by giro1965 | 2011-06-13 14:27 | グルメ

大阪出張グルメ

出張多く、布目湖サイクルフェスティバル以来、練習不足で体重増えてきていた。ベスト+2キログラムという不安をかかえて、それでも出張先で美味しいものをいただいてしまった。

まずは大阪の懐食清水という和食の店。店構えは目立たないけど、中は予約でいっぱい。
d0133127_11415362.jpg



まずは蛸の和え物
d0133127_11421929.jpg


いろいろ美味しいものがあって、
d0133127_11424334.jpg


さらに日本酒いろいろあって美味しい。

終わった後エスキナに行こうとおもったけど、酔っ払ってムリ。ホテルに宿泊しました。
[PR]
by giro1965 | 2011-06-06 11:49 | グルメ

肉団子のタジン

ロンドンのMOMO依頼タジンにはまっている我が家。今度は品川駅でこの本

家庭で楽しむモロッコ料理---タジンもクスクスも。じっくり作るスパイシー&マイルドな本格レシピ

小川 歩美 / 河出書房新社

を見かけて、妻にプレゼント。

しばらく、見向きもされなかったこの本ですが、先週の日曜日、そして今日と、タジンでした。

今日のは子供も食べやすいという肉団子のタジン。豚なしの牛肉だけのミンチで、沢山の玉葱入り。
d0133127_15293454.jpg


肉には・・・・イタリアのおいしい赤ワイン。 これは我が家のワインとしては高級な、Matteo CorreggiaのBarbera D’ALBA、強いかおりは牛肉に負けません。 


レシピ本は自分では読みませんが、食べたいときにはプレゼントにするとよさそうです。
[PR]
by giro1965 | 2011-05-11 15:31 | グルメ

新しいロゼに合う料理

震災直後に新居に引越してきてもうすぐ一ヶ月になります。

新しい家は、すべてにおいて快適すぎて、家にいる時間が長くなり、困ります。なぜなら、早朝、暖かい家を出たくないので、練習時間が短くなること。最近は外も暖かいので、なんとか目標に近い時間まで乗れるようになりました。

あとは、妻がこれまで以上に料理に凝るようになって、食事がいっそうおいしくなりました。帰りの通勤の練習も、まだ日があって、練習もできるのに、家に早く帰りたくなっています。
来シーズンが心配です。

また、料理がおいしいとなると、ワインのバリエーションも増えて、ついつい楽天などでポチっとしてしまいます。昨晩は春なので、ロゼワイン。

妻には、ロゼワインに合う料理を・・・・ってお願いしました。
フランスでは、中華料理とロゼワインの相性がいいということになっているらしいんですが、私的にはロゼはプロバンスの産地が多い、プロバンス料理としては、ブイヤベースとかイタリアンに近いフレンチ?という印象がある。だから魚貝をイメージしていました。

で、飲んだワインはこちら。
d0133127_15544062.jpg

我が家定番のコノスル、今回はロゼを初めて選択。
これが香りは木苺-ブドウの果実香がいい、飲んでは辛口、酸味もあって、大変いい感じに仕上がっていました。

妻が作った料理は、こんなのでした。完璧です。完敗です。乾杯です。よくやった。私のイメージそのままでした。

まずは前菜。マスタードと蜂蜜を和えたドレッシングでした。
d0133127_15551510.jpg

そしてアクアパッツァ。 鯛から出たうまみのある肉汁をパンに浸して食べました。
d0133127_15562968.jpg

本当はこのあとパスタだったんだけど、もうおなかいっぱいで、ここで終了しました。 

ごちそうさまでした。
[PR]
by giro1965 | 2011-04-15 15:58 | グルメ

今年のまとめ グルメ編

まず、数え切れないおいしいご飯を家で作ってくれた妻に感謝です。

4月にいった香港 ジョッキークラブでのチャイナ。ホール海鼠を含めてベーリーグッドでした。
d0133127_16372630.jpg


6月のEvora(ポルトガル)のレストラン O Aqueduto
d0133127_16323879.jpg


サメだそうだ・・・・が、おいしかった。
d0133127_16322310.jpg



四日市 焼肉 徳寿 またいきたい焼肉No1、あと肉は福岡の田無羅が忘れられない。
d0133127_16353321.jpg


これはめったに食べられないミュンヘンの陸軍大学のカジノでの鹿肉
d0133127_16423734.jpg


12月の忘年会の柿崎(人形町)
d0133127_164631.jpg



こう思い出してみると、沢山ある。忘れているものも沢山あるだろう。舌の記憶ってセツナイなあ。
[PR]
by giro1965 | 2010-12-30 16:46 | グルメ

フォンデュとチロリアン

シーズンオフになって、とってもグルメな生活を送っています。
今日の夕食はチーズフォンデュ。トップバリューのフォンデュセットは、いまいちインパクトなく、そこにグリュイエールとエメンタールを足して
d0133127_19145244.jpg

本格的な味になりました。


デザートはドレスナーシュトレン。
d0133127_19158100.jpg

千鳥屋のシュトレンが多分日本で一番おいしいのでは?
30年以上前からやってるんです。
[PR]
by giro1965 | 2009-12-23 19:19 | グルメ

パリ‐ニソワーズ

d0133127_21144222.jpg

パリーニースが始まりました。ということで、妻にはニース風サラダ(salad nicoise)とニース風のキッシュをリクエストすると、作ってくださいました。えらい!おいしいです。

でも、まだパリ周辺にいます。第一ステージは、なんとコンタが勝利。エバンスより20秒リード。今年もコンタの年かな。ランス、おとなしくアシストするかな?

まだまだレースはニースには遠い。もうすぐビシーを通るから、通るころにビシソワーズをお願いしてみましょうか。まだ寒いけど。
[PR]
by giro1965 | 2009-03-11 09:28 | グルメ

シクロ輪行

午後からの講演にそなえて、早朝に自転車に乗り始めたころになじんだ糸島半島へ行く。
ここは防人とか、元寇の武士たちが、見守った丘陵地帯。
d0133127_22411384.jpg

幸いシクロをもっていったので、以前からいってみたいと考えていた灘山のハイキングコースのシングルトラックを、行きはほとんど、担いで、下りは下ハン握ってブレーキを利かせながら下った。

こんなことはシクロバイクだからこそ出来る楽しみですね。

さて、仕事を終えて、夜はいつものたつみ寿司

やっぱり別格でした!
[PR]
by giro1965 | 2009-01-15 22:49 | グルメ

生まれて2回目の・・・

昨日は、勉強会のあと、わが協会の先輩方を、福岡の田無羅という韓国料理の店につれていった。
焼肉はもちろんおいしいのですが、ここの絶品料理は

1.テールの塩焼き
2.フォアグラ
3.タンのサラダ

いやあ、韓国料理っていっても辛いものを想像しないでください。テールの塩焼きはビールとぴったりの前菜、フォアグラは白ワインとぴったりで口の中にとろける前菜、タンのサラダは店がすすめるマッコリ酒とぴったりの、ゼッピンの前菜。

前菜だけで満足してしまいました。


高校生のときに、おばあちゃんの家に輪行して以来、生まれて2回目の輪行。
d0133127_6471640.jpg


今日は早朝ランに行ってきます。
[PR]
by giro1965 | 2009-01-15 06:01 | グルメ