シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

骨折その後

いや、自転車って本当に怖いスポーツですよ。甘くみてはいけません。今回はMTBの下りでしたが、前輪の急ブレーキによる転倒でも鎖骨やっちゃうことありますからね。とにかく注意です。
こういう時には無理してはいけません。 骨折のあと、無理して動かすと、折れたところが関節のように動き出す偽関節というのになると、やっかいです。だからおとなしくしているに限ります。
幸い来週また1週間出張があり、ちょうど体を休める時期に来ているのでしょうね。 

それから、長野の木曽病院で、レントゲン写真やらCTやら撮っているとき、今保険証ももっていないし、1銭もなく、とても不安でした。そこへ前田さんが登場。本当に前田さんが神様のように思えました。1万円も立て替えてくださり、感謝です。その後、皆さんの好意で、S木さんのワンボックスに寝かせていただき、なんとか猪豚鍋も食べて帰りました。
本当に皆様にご迷惑をおかけしました。ありがとうございました。


だけどこんな風にフォンデュを食べているときも、左肩を保護。そして左ほっぺにはデュオで保護してました。これがとれたのはつい数日前です。
d0133127_634932.jpg


そして、これがその中身。頬骨が途中でポッキン。ちょうどサングラスの柄のようなかたちです。そういえば、この事故のとき、お気に入りのアディダスのサングラスがなくなってしまいました。
眼窩の下も割れていて、これが原因でパンダの目になっていました。いわゆるブローアウト骨折です。
d0133127_634458.jpg
d0133127_6342946.jpg




そして背中にも、かなり大きな擦過傷があって、これは今もなお、デュオ+オプサイトで保護しています。背中に巻いてあるのは鎖骨バンド。
d0133127_6351241.jpg


んでもって、これが折れた鎖骨です。向かって左側鎖骨の3分の1ぐらいのところです。幸いずれていないので、鎖骨バンドによる保護だけでよろしいようです。しかしこれは長くかかっています。まだ鎖骨と胸骨がくっつくあたりが若干腫れています。
もしずれていると、手術です。プレートを入れて、骨をまっすぐ付け直す必要がありましたが、今回はそこまではしなくていいらしいです。
d0133127_6354232.jpg

鎖骨骨折ですから腕はまだ前に90度以上あげてはいけません。そこが鎖骨が回転を始める角度だからです。すなわち、無理をすると偽関節を作ってしまいます。

ということで事故報告でした。
[PR]
by giro1965 | 2008-10-02 06:42 | 近況