シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

福島県大野病院医療事故の無罪判決

今日福島県大野病院の婦人科医療事故の一審の無罪判決がでた。
Excite エキサイト : 社会ニュース
<大野病院医療事故>帝王切開の医師に無罪判決 福島地裁
 福島県大熊町の県立大野病院で04年、帝王切開手術中に患者の女性(当時29歳)が死亡した医療事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた同病院の産婦人科医(休職中)、加藤克彦被告(40)に対し、福島地裁は20日、無罪(求刑・禁固1年、罰金10万円)を言い渡した。手術中の医師の判断を問う裁判として注目されたが、判決は医師の裁量の範囲と認めた。

 起訴状によると、加藤医師は04年12月17日、帝王切開手術中、はがせば大量出血する恐れのある「癒着胎盤」と認識しながら子宮摘出手術などに移行せず、クーパー(手術用はさみ)で胎盤をはがして女性を失血死させた。さらに、医師法が規定する24時間以内の警察署への異状死体の届け出をしなかったとされた。

 医療行為を巡り医師が逮捕、起訴された異例の事件で、日本医学会や日本産科婦人科学会など全国の医療団体が「結果責任だけで犯罪行為とし、医療に介入している」と抗議声明を出すなど、医学界を巻き込んで論議を呼んだ。公判では、検察側、被告側双方の鑑定医や手術に立ち会った同病院の医師、看護師ら計11人が証言に立っていた。【松本惇】

----------------------------------------------------------------------------------------
この事故については、医療者の中では大きな話題であった。
問題点は2つ
1.医師にとっては「一生懸命治療していても、結果が悪ければ、犯罪に問われるのか?」という問題に置き換えられる。
2.さらに救急医療や、産婦人科などで、予測不可能な合併症があり、死亡した場合、それは「異状死」にあたるのかという問題も含まれていた。 病気の合併症による死亡は、不可避の場合も多く、それ自体で「異状死」には該当しないと考えられていた。

したがって、判決いかんによってはもしこれが有罪になれば、今までの考え方を大きくあらためなければならない。 有罪になれば、医師を辞めると宣言していた方も多かったぐらい、反響がおおきな事件だったのだ。

医療にもとめられるのは、医師や医療スタッフの良心に基づく医療行為であることは疑いようがない。しかし、良心に基づいていても、結果がだめであれば罪にとわれるのでは、やってられないという気持ちになる。


だから、有罪だったら、医師不足はさらに加速するだろう。特に産婦人科領域は「さらに」たいへんなことになっていたと考えられた。

以下判決理由の抜粋です。
----------------------------------------------------------------------------------------------

医療行為が患者の生命や身体に対する危険性があることは自明だし、そもそも医療行為の結果を正確に予測することは困難だ。医療行為を中止する義務があるとするためには、検察官が、当該行為が危険があるということだけでなく、当該行為を中止しない場合の危険性を具体的に明らかにしたうえで、より適切な方法が他にあることを立証しなければならず、このような立証を具体的に行うためには少なくとも相当数の根拠となる臨床症例の提示が必要不可欠だといえる。

 しかし、検察官は主張を根拠づける臨床症例を何ら提示していない。被告が胎盤剥離を中止しなかった場合の具体的な危険性が証明されているとはいえない。

 本件では、検察官が主張するような内容が医学的準則だったと認めることはできないし、具体的な危険性などを根拠に、胎盤剥離を中止すべき義務があったと認めることもできず、被告が従うべき注意義務の証明がない。

 【医師法違反】

 本件患者の死亡という結果は、癒着胎盤という疾病を原因とする、過失なき診療行為をもってしても避けられなかった結果といわざるを得ないから、医師法にいう異状がある場合に該当するということはできない。その余について検討するまでもなく、医師法違反の罪は成立しない。
[PR]
by giro1965 | 2008-08-20 12:16 | 医療