シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

まちがいだらけの自転車えらび

幸いポンポンは、熱が下がり、呼吸も楽になってきた。

ところで昨日の朝錬のあと、疲労が残ってしまった。今までと違ったのはホイールでした。いつもはシャマルのコンチネンタルグランプリだけど、今日はコルナゴオリジナル(多分コリマ)の古いカーボンリム+ビットリアスーパーコルサ。
スピードは上がったけど、なんでこんなに疲れるの?
それは、多分、シャマルの方が下りで安心できるからなのでしょう。

今朝の通勤
Zone1  8:12
Zone2  8:18
Zone3  9:07
Zone4  14:30
Zone5  3:36
Max HR169 Ave133
脚が疲れていたんだろうね。

朝錬後、家に帰ると本が2冊届いた。一冊はまちがいだらけの自転車選び。
d0133127_138747.jpg


これからロードバイクを買おうという人は読むべき一冊です。

第二章「インターネットで自転車を買うという愚行」
ごめんなさい、私のコルナゴ、インターネットオークションでした。サイズも良いし、2000年のモデルだし・・・ということで、つい、ポチッとしてしまいました。

第四章
「体感できない性能にカネをだすという愚行」
ホビーサイクリストにとって、大事なのは、安心であること、そのために必要なスペックは、プロとは違う。
まったくその通りだと思う。昨日久しぶりに乗ったコリマのホイール、フロントの安心感がなくなっちゃうんだよね。タイムは縮まったけど、やっぱりせめてフロントはシャマルがいい。安心感がないと、疲れて、かえって疲労が溜まる。

この他、この本では、なぜクロモリがいいか、アマンダサイクルの千葉洋三さんとの対談もあり、結構面白い。

私も実は普段はクロモリです。週5日クロモリ。1日カーボン。そしてこのクロモリフレーム「Kalavinka」は元はといえば妻のバイクだけど、とても乗りやすい。大事にするためにも、今度シクロができたら、しばらくは里(ツクモサイクル:目黒の自転車屋)に返して修理してもらうつもりです。やっぱり毎日乗るならクロモリです。ではコルナゴは? 私のコルナゴC40は、すべてチューブのラグつなぎ。しかもAステイ。ちょうど良い硬さ+シャマル+コンチグランプリという贅沢仕様で、今のところ不自由なし。もう9年前のモデルだけど、あと10年は乗れるに違いない。

ただ、GIOSが目立っているけど、他にもいいバイクはいっぱいあるだろう。ネオプリマートだって、さんざん批判しているコルナゴのマスターXライトだって、きっといいに違いない。問題は私があと10年C40に乗ったあと、まだ市場にあるかどうか・・・だと思う。
もしなくても、その時は、インターネットで・・・え?やっぱり、インターネット?

多分ね、10年後にはネオプリマート売ってないような気がするんです。それにカンパも11速になったりして、余計な事ばかりするなあ。なんで今のままではいけないのかな。

ところで、昨日のツール、またも二人ともはずれ。
カンチェラーラが逃げ、その後にポッツアート。妻の予想はもうすぐ当たるとこだったけどね。
エバンスも、フレイレも、総合狙いは、単にそこにいて、ゴールしているだけっていう感じの2日間でしたね。1日目勝ったバルベルデを除いて。

今日は単純なスプリントステージ。そうなると、マキュアンかカヴェンディッシュか、
今日は私はマキュアン大王でベットしよう。
[PR]
by giro1965 | 2008-07-07 13:28 | ロード