シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

希望ヶ丘レポート

なんか調子よくて勝ってしまった。
公式戦の優勝は1年以上前の日吉以来だったので、とてもうれしかった。
スイスから帰ってきて、仕事の山積み、雨の日、東京出張などがあって、事実上2日しか自転車に乗っていなかった。乗った日は、2分マックスX6本をやった時と、あとは40分のクリスクロス(200-250WのBaseに2分30秒後に1回30秒のマックスを混ぜるX14回)。クリスクロスは久しぶりで、これはかなり堪えた。
土曜日はフミの誕生日でした。まだ赤ちゃんのようにも見えるけど、4歳になった。保育園友達とのパーティーの後夕方シルクロードにいって、スイスで痛めた自転車のエンド修正をしてもらった。
8時発で9時半過ぎについたから、結構近い会場ですね。2年前は優勝、去年はボロボロという、得意なのか、苦手なのかがいつもわからないのが希望ヶ丘。まずは歩いてコース1周。ちょうどC3、C4のレースの途中でした。
スタートから、気持ちよく左カーブして、その後楽しいコーナリングの後に、タイトな登り、また踏んでグランドの方に抜ける階段セクション、下り、そしてグランドを横切る。

その後、今回運命が分かれたのが、25㎝ぐらいの段差とその後の木の根セクション。C3ではあまり乗車していなかったけど、試走では、何とか乗れそう。その後のC1は結構乗っていたので、乗れると早いんだ・・・と判断し、本番も乗ることに。後輪をヒットするので、パンク防止に空気圧2.0とした。

その後は、ダブルトラック登り、シングル下り。去年よりも難易度が低いのは、ダブトラの後のキャンバーが無いからか?次の砂のコーナーも固まっていて、楽に走れる。その後のコーナーの連続もややタイトだけど、何とかなる!
そしてシングル登り。これも何とかなりそうというよりも寧ろ得意。それから、平坦とジープロード下り。特異ではないが、これも去年ほど怖くない!ということで、試走のイメージは、「何とかなる!」
C1のジープロード下りのラインを見極めてから、ローラー30分。
d0133127_15333780.jpg


そして1時50分レーススタート。
最初は、当然いつもの丸畑さんと藤井さん、巨匠、石田さん、水谷さん、景山さんあたりが周りにいる。
d0133127_15341355.jpg


25㎝段差では、藤井さんと丸畑さん、石田さんらはラン。私は乗っていくと、次のラインが選びやすく、ダブルトラックの昇りでは丸畑さん、藤井さんと3人パック。
d0133127_1534534.jpg

d0133127_15352812.jpg

登りシングルの出口でちょっとミスしたけど、その後の下りで追いついて(C1のラインが勉強になったよ!)
d0133127_153601.jpg

そのまま1周回を終え、2周目の途中までにトップに立つ。25㎝段差と、その後の昇り、シングルの昇りなど、得意セクションでは、とにかく引き離すことに専念。一方シングル下りや、ジープロード下りでは、チェーン落ちがないように注意して周回を重ねた。途中手がかじかんで、いくつかの小さいミスは起きて、其の度に気を引き締める。
d0133127_15364016.jpg

3周目のタイム差5秒ぐらいから、4周目、5周目、6周目と少しずつ離すことに成功!こんなに気持ちよくトップを走るのは本当に久しぶり。
d0133127_15371416.jpg

相手がミスしたわけでもなく、私にもミスが無く・・・・それで最後15秒の差!(記事訂正・・・水谷さんブレーキ不調でバイク交換があったそうだ)
d0133127_15373230.jpg

チームメートや家族、そしてその他大勢の応援ありがとうございました。大した成績ではなかったんだけど、世界マスターから帰ってきてそうそう優勝できた!これからも頑張りますので応援よろしくお願いします。

皆さん写真ありがとうございました。
[PR]
by giro1965 | 2014-01-14 17:09 | シクロクロス