シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第一戦 府民の森ひよし

2月から8か月の長いオフシーズンを抜けて、やっと始まりました。シクロクロスシーズン。
今年は、2月のシーズンオフが始まった途端不調で、伊吹山も全く走れず、その後体調を少しずつ元に戻すのに時間を使いました。仕事や家族のスケジュールから、ほとんどのレースはキャンセルして、でたのは地元の高取山のレースとシクロクロスのプロローグだけ。今の仕事を考えると、シクロクロスを走れるだけで幸せと感じます。
ただ、この間を無駄にしたわけではありません。三船さんに月1回練習を付き合っていただきました。いってみれば、個人コーチです。主にロードで、ペダリングの仕方から、練習の仕方、ピークの持っていきかたなど、丁寧に教えてくださいます。加齢にともなって、体力が落ちるのを実感するなか、どうやって維持するかをまじめに考え、レースでの能力を発揮するための秘訣、考え方を教わってきました。三船さんなくしては、今シーズンははじめられなかったといっても過言ではない。

さて、3週間のプロローグは4位となんともいえない中途半端な結果。原因はまあ、私にあるのですけど。翌日からフランス出張。仕事の合間に楽しく自転車に乗れました。帰ってきてからは、何度か10分から15分を2-3 本を週1、2回やって今日を迎えました。

昨日は高校の同窓会があり、地域の同窓会でしたが、東京や福岡からも大勢かけつけて、30年ぶりに合う友人も多数。そこでも断酒、2次会にも参加せず、10時に就寝し、朝5時起床で、京都の府民の森ひよしに向かいました。到着した8時前ではまだ5度前後でさむかったけど、どんどん気温は上がり、9時には10度前後はあったような感じです。路面もかなりドライで私向きのコンディションでした。

今日、マークすべきは、カテ1から移行したばかりの景山さん、舟岡さん、そして吉野GFやプロローグで強さを見せつけられた丸畑さん、50代だけど強い吉中さん、あと強豪の藤井さんや巨匠大先生、それに巳波さん、林さんなど、M1は油断すると恐ろしい方がたくさんいらっしゃいます。

思えば、日吉は
去年、2回の転倒で、トップから2位転落
一昨年、先頭にいたのにパンクして半周担いで走り、後方でゴール
2年前 巨匠に敗れ、M1昇格を逃した、
とあんまり良いことはありませんでした。でもコースは長く踏める箇所が多く、ややわたくしが好きなタイプだと思います。

試走中は、最初キャノンデールで走っていたのですが、フロント変速が不安定なので、不安となって、リドレーで走ることにしました。フロントが変わってくれなければリアだけでいいのかな、というコースでした。あの劇坂部分は、中途半端なギアチェンジだとたぶん失敗もしそうなところでした。

さて、直前までフミの相手をしていていたら、シードで呼ばれまして、焦りました。妻が戻ってくるまでフミは一人で車で待機を願って(2歳なので通じたかどうかはわかりませんが、妻がすぐに戻るはずでしたが、一人残していくのは不安でした)その場でゼッケンをつけてもらって、すぐにスタート。

スタートダッシュはまあまあ、しばらく先頭を走りました。後ろには丸さんがぴったり付けていました。そのあとは丸畑さん、景山さん、舟岡さん、吉中さん、巳波さん、巨匠大先生、藤井さんなどがついて来ている感じでした。スタートループ+1周が終わった時点で、景山さん、丸畑さん、舟岡さんの息遣いを感じました。
d0133127_10443966.jpg

2周目後半ぐらいに景山さんが前に出ました。あとはついていけるかどうか、です。この時点で15分ぐらい。
その後しばらく、我慢してついていくことに。時々前に出ようとしましたが、すぐに抜き返されてしまいます。
変化があったのは4周目の残り半分をのこして、下の斜面から、上の平坦に移る舗装路部分。なぜか景山さんがわたくしを前に出します。ひょっとして脚でもつったのか?ラッキーとおもいながら、少しずつ距離を開けてみます。最初は1秒ぐらいだったのが、平坦で踏むと開いていくではないですか。 少しずつ差を広げるようにして、最終周回を気をつけて走りました。40分のレースのところ33分で終了。


ということで、景山さんから逃げ切って優勝させてもらうことができました。
レース後聞くと・・・・あと1週あると思ってたんですって、ということは私が放送を聴いていた分ラッキーだったのでしょうね。とにかく初戦を飾れてうれしかったです。

思えば、自転車レースの台の真ん中は、1月のシクロクロス希望ヶ丘以来です。もうすぐ私は48歳、2位の景山さん、3位の船岡さんは共に41歳。若者に負けるか!という大人げなさ丸出しで今年も頑張ります。老害と思ってもかまいませんが、本人の前では言わないでね。傷つきやすいから。今年もシーズン最後まで皆様いっしょに楽しんでまいりましょう。

自分のレース終了後は、子供二人のレースの番。二人とも一生懸命走って楽しんでくれたようでした。フミはストライダーで3人中1番、ポンポンは、入賞まではいかなかったけど最後はスプリントでかっこいいところを見せてました。

竹之内悠くん、移籍おめでとう!
[PR]
by GIRO1965 | 2012-11-04 21:38 | シクロクロス