シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

野辺山シクロクロスレース

金曜日の夜にバイクや荷物をすべて詰めこんで、土曜日は早朝5時起床。子供たちは眠ったまま車に乗せて出発。途中2時間毎に休憩を入れつつ、6時間かけて、昼過ぎに野辺山滝沢牧場に到着した。恵那をすぎて富士山もきれいに見えた。
しかしなんて遠いんだ滝沢牧場。

着いてからすぐに、昼飯。といってもうどんなど。それから小坂親子がするスクールがあるというので、親子3人で参加。最初はシケインの練習。先週からシケイン駄目だしされているので、参加した。ポンポンも一生懸命シケインを超えようとするが、彼の体格にはあの自転車は重すぎる。一方それを見ていたフミもストライダーを小脇に担ぎだした。フミは1歳9ヶ月。最近ストライダーに乗り出したばっかりだけど、芝生を勢いよく駆け下りる。カメラマンからも注目されて写真を一杯とられていた。

一方私は・・・ここで挽回・・・と思ったけどシケインはヤッパリ下手糞で、小坂親父からも駄目だしされる・・・ぐすん。

その後光君について数週。その後一人で数週・・・・なんてテクニカルの私向けではないコースなんだろう・・・・

まずはストレート。ここはいいとして、その後牧場の建物の裏側に回って泥・・・・多分当日は乗れないだろうな。しかしここで私のリドレーのエンドが折れてしまった。何もしていないのに・・・・ぐすん。

仕方ないのでデローザに乗り換え。ジェットコースターのようなバンクがあるセクション。ここは太一君やビンちゃん、巨匠が早そう。シケイン、そして段差、もう一回裏に回って、段差セクション。

ここでは、顔から突っ込んで、先週のレースで高くなっていた鼻っぷしを折られてしまった。痛かったし、鼻に傷跡がついてしまった。(その部分は、みんなつっこんで転倒していたので、コースは変更された)。そして立体交差。

その後の段差でまた転倒して、顔からつっこんだ。鼻持ちならないヤツとみなされて、コテンパにされた。

うーん、やっぱり明日のレースは私の出る幕はないだろうな、と気持ちがどんどん萎縮していく。いちよう目標を表彰台に定める。

こういう日は、あんまり練習してもいいことも無さそうなので、泥セクションで傷めつけたバイクを洗う。
巨匠がリドレーに乗っているので、ひょっとしてエンドありますか?と聞くと、あるという。敵に塩を送る見事な武田信玄巨匠様ありがとうございます。さすが信州のレースです。
宿は森のふぁみりいというペンション。おもちゃが沢山あって子供達は満足。私たちも夕食を頂いて、早めに眠りました。

さて、翌朝は6時起床。7時朝食その後滝沢牧場に向かった。朝は寒い。昨日の泥の区間は今朝は凍っているはずだ。
まずはピットに予備バイクを運んで試走。今日は試走しながら、泥を味わう。しかもすぐに車輪とブレーキの間にスタックしてしまうので、その後の走りにも影響しそう。だから、担いだ方がはやそう。

それから、昨日顔をつっこんだ2箇所。最初の段差は、あまりにも危険ということで、コースが変わっていた。でも混んでいたら走り抜けよう。2つ目の段差はなんとか抜けられそう。そしてもう一箇所、エスキナのコーナーは、上のアスファルトでこけそうになったので、担ぐと決めた。ターマックを2本つっぱしって心拍を上げて、予習は終了。第一レースの泥区間を除いて、集合場所に移動した。

昨日の感覚から、今日は太一が勝つんだろうな、そしてビンちゃん、巨匠がいくはずだと思っていた。

なんとか最前列にならんだ。C3の1分後によーいドン。今日はピストルじゃなかった・・・・
シクロワイヤードの辻啓さんの写真
d0133127_13182765.jpg


最初から太一とビンちゃんがいく。5人ぐらいが団子で泥区間に入る。そこにはまだ1分前にスターとしたC3がたむろしていたので私は途中からかけっこ。なんとか3-4番目ぐらいに泥を抜け出せた。ジェットコースターのコーナーなどでは、後ろから来た方においつかれ、また平地で抜き返す・・・・の繰り返し。
前にいるのはビンちゃんと太一か?3番手ぐらい?ターマックと泥の駆け足をうまくつかって中盤3番手に「いたはず」だった。

ところが途中から、なんと、元MTBチャンピオンの竹谷選手がマスターで走っていて、しかも私の前にいるらしい。がらぱさんも気づいていなかったらしい。 ということは4番手。幸い、昨日塩を送ってくれた巨匠より前にはいたが・・・・・途中から太一がC3先頭も追い抜いて総合トップに。2番竹谷選手、3番ビンちゃん・・・・声援からはビンちゃん近いよ、抜けるよ・・・といわれるが、その姿はどこにも見えず、むしろ後ろから追いついてきた選手に気を取られてそのまま4番でゴール。5戦目にして今期シクロクロスで表彰台を初めて逃してしまった。
http://www.takeyakenji.com/tk-blog.html

今日の敗因・・・ビンちゃんはスタートで行かれたら、ぜったいに着いていかなければ負けます。それと私のコーナリングの下手さがもろに結果に出ました。パイロン置いて練習しよう。

その後はキッズレース。
ぽんぽんとフミが両方ともエントリー。健太は大きなおにいちゃんに最後に抜かれたけど、よくがんばったよ。終わってから、おやつばっかり食べていないで、ちゃんとお魚やお野菜を食べると大きくなるよ、と母に言われた彼は、ご褒美にいただいたマーブルチョコを我慢していた・・・なんて健気なんだ。


一方フミは1歳9ヶ月の初レースを一人で最後まで走りきった。親なしで・・・その後チョコを全部平らげていた。
d0133127_13192236.jpg

さて、自転車を洗って次はシングルスピード。これは変装レースで、へんなかっこうの人がたくさん。目立ったのはスクール水着・・・・と サンタさん。
d0133127_132033.jpg

サンタさんは子供がいると止まってプレゼントを配ってくれたのだった。私は地味にカエルの被り物。ギアは48x20でいったけど、ちょうど良かった。(電動シフトの、バッテリーを外しました)。
スクール水着はシケインの後1回転して、こけて抜かれていました。その後サンタに、プレゼントをもらう子供たち。

途中2回転倒して、順位は・・・・もうどうでもいいや・・・・という感じで完走しました。


d0133127_1319820.jpg


その後はUCIカテゴリー1のレース。ツジウラと竹之内の抜きつぬかれつのデッドヒートを、食堂の中から観戦。最後は悠ちゃんが勝った。新世代の誕生の瞬間か?2週後の全日本選手権が楽しみだ。そのほかは、最後尾から頑張った時くんに拍手だ。

C1レース終了後すぐに出発。それでも途中休憩を入れて、家についたのは22時過ぎでした。
野辺山がもっと近かったらいいのに。

写真は後ほどアップロードします。
[PR]
by giro1965 | 2011-11-28 11:10 | シクロクロス