シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

関西シクロクロス第3戦 琵琶湖マイアミ浜

このところ表彰台のてっぺんから遠ざかっている。しかし今日はマイアミ浜のレース。2年前はM1昇格後の初レースで優勝できたところ。去年はマスターの全日本選手権で3位と悔しい思いをしたところ。

自転車を担いで走ることを想定して出張中の金曜日の朝はジョギング。土曜日は雨で練習はパス。
そして今日。家族もみんなで応援に来てくれた。5時45分発、7時20分着。準備をして、まずはランで一周。

その後、ウエアの準備をして、軽く2周試走。

試走の時に、雨が降った後だから、砂は楽だろう・・・・なんて考えていた私はアホ。砂は水をあっという間に吸って、元の砂に戻っている。なので、やっぱり深いところはラン決定。その他の砂のセクションも、ランとライドの区別を決めていった。
d0133127_6443315.jpg


いつもは砂にくるしむコースだけれど、前日の大雨のせいで今年は砂だけではなくて、泥にも苦しむコースになっていた。泥のセクションも一部は降りた方が早い。
しかし、前日の大雨の中、設営してくださった皆様には本当に感謝です。


今日はがらぱさんがMCに復帰で、盛り上がる。スタートは巨匠先行。
d0133127_10563886.jpg

1周目はショートループだけど、砂浜から前に出て走る。砂浜の後半のセクションだけ、乗る。その後も短い砂場があり、コーナーは、乗ると沈んで進まないので、やっぱり飛び降りて走る。1周8-9分だけど、そのうち2-3分は走っている感じ。あとでメーターで確認しよう。

しばらくは丸畑さん、藤井さん、そして吉中さん、そしてスクアドラジャージの方が先行していた。

1周目が終わり、ストレートセクションで前に出る。向かい風が強い。松林区間で追い越された丸畑さんの後ろにいると楽だけど、前にいかないと勝てないのがシクロクロスのレース。なのでクランクを過ぎたら追い抜いて先頭で砂浜へ。それから少しずつ間隔を広げていく作戦。
しかし2周目の松林で、コーステープの流れがよく分からず、コースアウト。
その間に丸畑さんに追い抜かれてしまい、振り出しに戻った。
こういうときのためにも3Dメガネが必要だと感じた。
また、ストレートで頑張って、先頭にもどり、もう一度ランセクションで頑張る。次第に藤井さんが近づいてきていた。

砂浜の乗車中。これはプロカメラマンの辻啓さんのフォト。
d0133127_1055071.jpg

コントラストがすばらしい。それに背景。さらには、辻カメラマンの影も・・・すごいいい写真です。

だけど実際は
d0133127_10555757.jpg

ほとんど担いでいます。後ろから丸畑さんおっかけてきて怖い。

次の周回は、私ー丸畑さんー藤井さんの順。砂のランは、だんだん遅れてくるのでいつ追い付かれるか気が気でない。その分ストレートで踏んで挽回する。そうこうしているうちに差が少しずつ広がってくる?と思ったけどだいたい10秒前後の差は変わらず。


終わってから、GIROさん、シケインへたね・・・・あんなんで勝たれたらちょっと恥ずかしいよ・・・と言われてしまった。うん、下手です、もっと精進します。

C2では松井さんがC1復帰。最高齢C1 53才ですよ。すごい。前日は雨の中、河川敷の砂浜で練習していたらしい。
かなもも検討。

C1のトップ8名は別格。50名ぐらいでスタートして、UCIレースなのでトップの80%のラップ以下だと、降車させられ、残ったのは8名だけ。辻浦選手は砂の上では別格でした。竹ノ内君も見事です。
小坂父と、時くんの意地の張り合いもおもしろかったぞ。

それと、前川さん、M1復帰おめでとうございます。練習仲間のEuro浅井くんは、競合の復帰に阻まれ昇進を惜しくも逃してしまって残念。

家にかえってから、久しぶりの勝利のステーキをいただきました。(勝たないと食べさせてもらえない・・・・というわけではありませんからね)
d0133127_6432112.jpg


他の写真はあとでのせましょう。
[PR]
by giro1965 | 2011-11-21 06:56 | シクロクロス