京都GF

土曜日の午後1時のバスで富雄まで行き、近鉄で西大寺ー京都、そこからJRに乗り換えて天橋立、昔懐かしい特急でした。
うまれて初めて天橋立を見ました。電車の中からだけど。京都の北部に来るのは、実はこれが初めてなんです。
そこからタンゴ鉄道のワンマンに乗って網野まで、家からちょうど5時間かかった。6時には宿泊の宿「森源」に到着。
今晩は一人、ま、宴会しないと明日の朝が楽だろうといいわけをしつつ、けっこう寂しいので、夜は宿の「バー」みたいなところに行って、宿のご主人をはじめとするおっさんサーファーと、いろいろと話をする。私はどちらかというと性欲減退気味だという話をすると、みなさんは「嘘でしょう、私はそのことしか考えていません」などとおっしゃる。私はやっぱりオーバートレーニングなのかなあ、と考えてしまった。いずれにせよ楽しい一時でした。それでも10時前には寝た。



朝は4時前に起きた。まずはエントリーのために浜まで一っ走り。その後宿にもどって朝食。また宿にもどって、6時の出発を待つ。スタートは6-7時の間なので、それまで知り合いを待つ。

今日のコースはこんな感じです
d0133127_1419580.jpg

このブログからいただきました。しかし良くできています。

その時間にいた知り合いは高取で一緒に表彰台に上ったY嬢のみ。彼女は元トライアスロンのトップレーサです。その他は、知らない人。PedalさんとかHirxさんとか、嵯峨野ランナーさんとか知り合いを探すが6時までには現れずGF吉野の場合は、スタートの場所取りで、到着時間がずれる、それはタイムアウトにならないコツでもあるので、良い場所をとろうとしますが、今日のは完走は間違いない?ので皆さんノンビリ楽しもうという魂胆ですな。
d0133127_165342.jpg



ということで約20名ほどで出発。Masahiko-Mifune.comのいつもの選手がコースガイド。この方々は関西の道を知り尽くしているので同道いただけると安心です。

で、6時ちょっとすぎにスタート。まずは丹後半島を横切って最初のエイドを目指します。15名ぐらいで一緒に最初の丘を登ります。

ちょうと、このエイドの近くの与謝の海病院で勤務しているTさんも一緒、他には名前を明かせあない方?とか、普通のペダルのお兄さんとか、岡山からいらっしゃった方とか、そしてY嬢、さらにはMasahiko-Mifuneの方が二人。

次は、大宮峠、そして続いて鬼(酒呑童子)がでるという大江山を登ります。
このころになると、トップは3-4名に絞られています。私は登りはいけますが、このあたりは霧・・・霧でサングラスが曇ってしまって視界がわるく、安全運転なので、次のエイドではまた10人ぐらいが揃いました。
d0133127_16874.jpg


さらに次はほぼ平坦で20キロ、綾部。途中何度も道に迷いそうになりながら、なんとか綾部エイドに到着。ここでは、次の峠は苔で覆われていて、登りも下りも大変。コッペンベルグだとか脅かされていた。
行ってみると、苔は中心部にあって、そこは滑る。一部は18%ぐらいの斜度はある。そこの部分はさすがに立って踏まないと・・・その後も3つほど小さい峠があって、先頭でエイドに到着。
d0133127_11483599.jpg

ここから写真をいただきました。スタッフの皆様ありがとうございました。

ゆっくりとおにぎりを3つも食べてしまった。皆の到着をまっていると、いつの間にか数名が先にスタートしていた。ということでTさんと一緒にスタート。シクロクロスのレースがある日吉ダムに向かう。今日はオートバイのイベントがあるらしく、バイクがたくさん。シクロのコースでは通らない、反対側のダム沿いの道を通り、最後は神吉峠を登った。そこで次のエイド。

なんと鹿カレーのサービス。とってもおいしかった。
d0133127_1661492.jpg

ちょうどエイドで先に出発していた二人とも再開。ゆっくりカレーをいただいて、再スタート。

d0133127_1664940.jpg

そこからは神明峠を登る。途中から保津川下りの船や、トロッコ列車を眼下に見る道をとおって、嵯峨野に出た。

ここからが大変。京都GFの標識がぜんぜん見つからず、最後の助けであったガーミンNAVIの電池も切れてしまい、路頭に迷った。しかも、嵐山は観光客、車で大渋滞。しばらく走っていると、後続のYさんがMasahiko-Mifuneの選手を伴って登場。あとはゆっくりと、街中を通ってゴール。最後の京都市内が山を登るよりも遅かった気がする。

付いたのは13時50分頃。ということで、予想に反して8時間もかかってしまった。
ゴールで、完走賞をいただいて、30分ぐらいノンビリして・・・・あまり皆さん帰ってこないなあ、きっと道に迷ったに違いない・・・と思いながら残り40キロ、生駒まで自転車道で向かった。Tさんは、これからまた、天橋立まで戻るそうだ・・・・あと100キロ。信じられない。

d0133127_1672582.jpg

ゴールでのTサン・・・・これから100キロですって。光の関係で写真がへんになっていまって申し訳ありません。

先日の台風で、流れ橋、壊れていました。
d0133127_1644836.jpg

家にかえると17時前。庭であそんで泥だらけになっていた子どもたちとユックリ風呂に入って寝ました。

しかし、吉野GFと比べると、みなさん大人の走りで大変心地よかったです。吉野GFはこうはいきません。サニーサイドのVVVVさんやら、スクアドラのCCCさんやら、なんやら戦いを挑んでくる大人げのない方々がいませんでしたからね。(一番大人げないのはワタシですけど・・・)
でも今年は一度もVVVVさんとは走っていないなあ。

翌朝・・・・まだ筋肉痛がのこっていました。
この企画をしてくださった京都車連の方々、一緒にあそんでくれた変態たち・・・・どうもありがとうございました。
吉野GFは今年は開催されませんでしたが、奈良南部および和歌山の一刻もはやくの復興をお祈り申し上げます。





d0133127_161443.jpg

何と私のゴールが載っていました。
[PR]
by giro1965 | 2011-10-10 09:45 | ロード