シクロクロスが好きなGIROの日記


by giro1965
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

万歳マキノ1位 レポート

さて、日吉の耐久の後、マキノまでは4日しかない。土曜日は休養したいので、実質3日の練習。

ところが、フクダステップTTの後、大腿直筋の上の方が痛み出した。耐久はなんとか走れたが、その週の練習はセーブ気味に。特に立ちこぎをすると痛んだ。急に短距離走(しかも、自転車ではなく、走り)なんてするととんでもないことになる。

さらにYoutubeをみると、マキノはとんでもない階段がある。階段の練習は、いつものところで通勤途中にする。登りはいいのだが、繰り返し練習のため階段を下ろうとするとやっぱり痛い。

仕方ないので、インターバルや階段の練習はそこそこに。落ちているVO2マックスを戻すため、1時間の通勤をLSDに変更する。これで、少しでも筋肉が育ってくれればいいのです。
でも土曜日もやっぱり筋肉痛が残っている。

さて、日曜日4時に起きて、4時30分に家族3人でマキノに向かう。妻曰く、ここでいかなくって、優勝されたら後悔するらしい。でも一緒に来てくれてうれしい。

ぽんぽんはずーっと寝てくれて、高速を降りてから起きた。
7時ちょっとすぎにマキノ高原スキー場に到着した。コースは昨日設営されているが、レースのスタートは9時10分なので、まだだれもいません。

ゆっくりアップをかねて試走を始めました。坐って乗っている分には問題ないのですが、立ちこぎ、そして、階段の担ぎでは、大腿がひいひい言っていました。

問題は階段。がらばさんによると、63段あるらしい
練習中は駆け上らず、ゆっくりと歩きました。

しかし、私の問題は、これではなかった。登った後の下り。

ひえーー怖い。

これは、C1レース中の選手。ブレーキワイアがきれたそうです。

くだりの第一セクションは、左にゆっくりカーブを描いており、つまり、右側は、低く、しかも砂地で、滑ります。一回目。ここで失敗。前回1日の日吉のレースで転倒したときの擦り傷に塩を塗りこんでしまいました。

これはC3の下り。1分目ぐらいから転倒続出でした。



気を取り直して、やりなおし。2回目は、ハンドルを思いっきり制御して、なんとかクリア。第二のセクションはほぼ真っ直ぐの下りですが、途中右折し、そして左折。
今度はここで、フロントをおもいっきりひいてしまい、後輪がうかびあがり、転倒しそうになりました。

体ががちがちに固まって、防御反射のせいで、さらに大腿四頭筋が痛みます。

階段セクションだけ、3-4回くりかえして練習。その後、エントリーをしに本部に戻りました。ちょうど、小南鍼灸整骨院の方々が設営して、マッサージオイル等を売っており、それを買って、妻にマッサージをお願いしようとしたら、整骨院の方がやってきて、本格的なマッサージを受けました。
d0133127_13125056.jpg


おかげで、少しはほぐれました。あとはもう無理をせずレース開始を待つばかり。
ただ、気分はブルー。あんな下り、かついでおりようか、でもそうすると、大腿がさらに痛む…

9時10分。レース開始です。こんかいも、誰かがちーんと、ベルを鳴らし、緊張をほぐしてくださいました。ありがとさんです。

さて、スタート。最初、砂利からスタートしたので、ホイルがスピンしましたが、2-3回転させると、前に進みだし、4位ぐらいの順位でホームストレートを越えました。
レースは右にカーブ。そこで2位に。さらにちょっとはしって、1週目の階段の前でトップに。

d0133127_13132813.jpg



ここでトップにたっておけば、階段をトップで登り・・下りが遅くてもそれほど差がつきません。

作戦はうまくいき、なんとかトップで階段セクションと下りを終えました。Loweさんや妻やぽんぽんの応援が心地よいです。

少しでも後続を離そうと、芝の登り区間踏みまくります。ただし、たちこぎはできるだけせず、途中の砂利のセクションでは、おもいっきり減速して、安全確保。転倒に注意しながら、じわじわと後続との距離を広げました。

2周目の下りもなんとかクリア。3周目に入りました。後ろはSquadraの方です。前回3位のマジリングの寺田さんではありませんでした。芝のセクションでは、距離を広げられますが、階段+下りでは、すぐ後ろにつけられてしまっています。
あせったのでしょうか。3周目の下りで転倒。誰かが、タイヤはずれとる・・と声をかけて、後輪をみるが問題なし。でも前輪…いかん、チュブラーがリムから外れてる…と付け直しました。やっぱりリムテープは良くないようです。

d0133127_13135559.gif



タイヤを付け直している間に、後ろはさらに接近。ただし、抜かれる前に再スタートできました。5秒差ぐらいまでは、近づいていたでしょう。
気持ちを入れ替えて、芝を踏みまくり、また若干はなし、最終回の階段+下りでは、また2位の方はお近づきになり、最後は踏んでなんとかトップでした。リザルトは15秒差。

はじめての表彰台ど真ん中をゲットしました。
もちろん金色のシクロクロスワッペンも初めてです。

d0133127_13142817.jpg


レースが終わって、しばらくすると、大腿がつりはじめ、変な歩きかたになっていました。
着替えてLoweさんの応援にいきますが、もう歩けなかったので、ぽんぽんを乗せて、自転車で移動。

途中周回数を間違えたようで、今一息のところをおいつけず2位。すごい、おめでとうございます師匠。

d0133127_13144865.jpg


これから、何とかしてにょろにょろさんに追いつけ・追い抜け…ですなあ、師匠。



こっちは師匠のライドです。

[PR]
by giro1965 | 2009-11-09 13:14 | シクロクロス